黒船DAZN参入でプロ野球中継は何が変わるか 参入2年目で11球団の放映権を獲得した背景

印刷
A
A

セ・リーグ球団に関しては、PLMのような組織が存在しないので個別に対応した。

広島東洋カープは今シーズン、昨年締結した3年契約の2年目なので、新たな契約は結んでいない。東京ヤクルトスワローズとは今回単年契約を結んだ。

阪神タイガース、中日ドラゴンズと前出のパ・リーグ6球団については、SLE(スポナビライブの運営会社であるスポーツライブエンタテインメント)からのサブライセンスで確保した。

SLEからはこの3球団の放映権だけでなく、他の権利もまとめて譲り受けている。

【4月17日13時30分追記】初出時、2018年のDAZNと各球団との関係に誤りがありました。放映権の取得経路についてはパ・リーグ6球団についてはPLM(パ・リーグマーケティング)ではなくSLEから、ヤクルトとは複数年ではなく単年契約でした。横浜DeNAベイスターズとは2017年同様球団と直接やりとりする形となります。お詫びして訂正いたします。

――巨人主催ゲームはなぜ獲得できなかったのか?

放映権はつねに売りに出されているわけではない。今回はタイミングが合わなかった。巨人からNoと言われたわけではない。売りに出る放映権をウォッチしている専門担当もいるので、機会を待ちたい。

(編集部注)巨人は独自にインターネット配信サービス・ジャイアンツLIVEストリームを創設、巨人主催ゲーム、阪神主催の巨人戦、横浜主催の巨人戦、交流戦のパ・リーグ主催の巨人戦のみを配信している。

DAZNと各球団との契約関係

昨シーズン巨人、広島を除く10球団の主催ゲームを放送したスポナビライブは、今シーズンはプロ野球の中継を行わず、他の送信サービスも今年5月末で終了するが、プロ野球3球団の主催ゲームのほかBリーグなどの放映権など、複数の権利をDAZNに供与する事業に転換する。

【4月17日13時30分追記】表の初出時、2018年のパ・リーグTV、横浜DeNAベイスターズとDAZNとの関係に誤りがありました。パ・リーグTVとDAZNの間は、2017年同様スポナビライブが経由して視聴者の方々にお届けする形となります。お詫びして訂正いたします。
次ページDAZNは新参者だが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT