黒船DAZN参入でプロ野球中継は何が変わるか

参入2年目で11球団の放映権を獲得した背景

DAZNでプロ野球中継の放映権獲得交渉を担った1人のコマーシャルディレクター、ジョセフ・マーカウスキー氏(編集部撮影)

昨年、広島東洋カープと横浜DeNAベイスターズの2球団でプロ野球中継に参入したDAZN(ダゾーン)。今シーズンは巨人以外の11球団主催の全試合に中継対象を拡大する。

プロ野球中継参入2年目で12球団中11球団からの放映権獲得は快挙といってもよさそうだ。

その一方で、無料の地上波メディア以外のすべての放映権を独占できたJリーグとは異なり、今回はプロ野球中継で20年の歴史を持つスカパー!との競合が待ち受ける。

放映権獲得の実務責任者であるコマーシャルディレクターのジョセフ・マーカウスキー氏は「ショルダーコンテンツ(関連番組)こそDAZNの強み。Jリーグで蓄積したノウハウを活用し、ファンを開拓する」と意気込む。

巨人戦を落とすも結果に満足

――11球団からの放映権獲得という成果についてはどう考えているか?

非常に満足している。信じられないくらいコンテンツが豊富になったと思う。

放映権の取得経路については少し複雑だ。パ・リーグ6球団の主催ゲームに関しては、SLE(スポナビライブの運営会社であるスポーツライブエンタテインメント)との契約に基づき、実際のオペレーションは6球団から直接、6球団自身が制作した基本映像の提供を受ける。

次ページセ・リーグとはどう契約したのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT