黒船DAZN参入でプロ野球中継は何が変わるか

参入2年目で11球団の放映権を獲得した背景

DAZNでプロ野球中継の放映権獲得交渉を担った1人のコマーシャルディレクター、ジョセフ・マーカウスキー氏(編集部撮影)

昨年、広島東洋カープと横浜DeNAベイスターズの2球団でプロ野球中継に参入したDAZN(ダゾーン)。今シーズンは巨人以外の11球団主催の全試合に中継対象を拡大する。

プロ野球中継参入2年目で12球団中11球団からの放映権獲得は快挙といってもよさそうだ。

その一方で、無料の地上波メディア以外のすべての放映権を独占できたJリーグとは異なり、今回はプロ野球中継で20年の歴史を持つスカパー!との競合が待ち受ける。

放映権獲得の実務責任者であるコマーシャルディレクターのジョセフ・マーカウスキー氏は「ショルダーコンテンツ(関連番組)こそDAZNの強み。Jリーグで蓄積したノウハウを活用し、ファンを開拓する」と意気込む。

巨人戦を落とすも結果に満足

――11球団からの放映権獲得という成果についてはどう考えているか?

非常に満足している。信じられないくらいコンテンツが豊富になったと思う。

放映権の取得経路については少し複雑だ。パ・リーグ6球団の主催ゲームに関しては、SLE(スポナビライブの運営会社であるスポーツライブエンタテインメント)との契約に基づき、実際のオペレーションは6球団から直接、6球団自身が制作した基本映像の提供を受ける。

次ページセ・リーグとはどう契約したのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。