呉の名物「海自カレー」は、なぜ成功したのか

海上自衛隊調理員が店舗に直接作り方を伝授

海自カレーのスタートからまだ1カ月半しか経っていなかったにもかかわらず、この店のオープンの当日、すでに残りの21店舗を制覇した人々が開店前から列をなした。コンプリート賞の景品であるプレートには、シリアルナンバーが刻印されており、少しでも若い番号の景品を手に入れようと、平日にもかかわらず多くの人が押し寄せたのだ。

海自カレー「認定証」(筆者撮影)

この日は、初のコンプリート賞が出るということでマスコミも駆けつけた。また、景品の引き渡し場所が呉市内の「てつのくじら館」だったため、電車・車・バイクで来ていた人のうち、誰が一番早く広島から呉に戻り、1番のシリアルナンバーを手に入れたかといったことも話題になった。結果は、バイクの人が一番早かったという。

海自カレーのPRについて濱田さんは「とにかく、無事に事業をスタートすることに必死で、積極的なPRは打ててなかった」と話す。しかし、呉市と自衛隊の初のコラボということもあり、上述の試食会、認定式、出港セレモニー、そして初のコンプリート賞など、節目ごとに地元のテレビ等で取り上げられ、それが、面白いということで全国に流れたのが、大きなPRにつながった。初年度に全店舗コンプリートしたお客さんは、呉市外からの訪問が5割強、広島県外からの訪問が16パーセントにも上った。

厳格なルールを自ら定めた

海自カレーの認定には、実は厳格なルールがある。まず、レシピを提供する部隊の司令や艦長が交代するたびに、改めて認定をやり直す必要がある。加えて、レシピ提供元の部隊には、カレーが食べられるチケットを年間で10枚渡しており、事前通告なしの抜き打ち検査をするよう頼んでいる。この検査では、味が保たれているかはもちろん、接客についてもチェックされ、もし不合格になれば改善を求められ、改善できなければ海自カレーを提供できなくなってしまう。

呉市産業部観光振興課の濱田亜希子さん(本人提供)

こうした厳しいルールは濱田さんが決めたというが、当然、参加店舗側からは厳しすぎるという反発もあった。それでも濱田さんは「自衛隊の名前を使わせていただき商売をする以上、迷惑をかけるようなことがあってはならない」と譲らなかった。

一方で、海自カレーの値段は各店舗に任せ、付け合わせのサラダなどで値段を調整している。カレーの値段がほかのメニューとバランスを欠いて安くなり、カレーばかりが出て店の売り上げが落ちては困るからだ。こうした皆がなるべく損をしないよう最大限配慮することこそが、事業成功の秘訣ではなかろうか。

海自カレーの提供食数は、事業開始初年度の2015年度は11万1675食、2016年度は13万1786食、2017年度は10万7821食(2月末時点)と毎年10万食を越えている。さらに、店舗にレシピ・調理法を伝授する「呉方式」の海自カレーは、横須賀でも呉に遅れること半年ほどの2015年9月から始まり、青森県むつ市の大湊でも2017年6月から開始され、全国に広まりつつある。

濱田さん自身は、今年度から海自カレーの担当を外れているが、「長い間、観光の仕事に携わってきたが、市の職員もガイドブックを見ながらカレーを食べ歩いてくれているのを見たときは本当にうれしかった。やはり、地元の人が喜んでくれるイベントでないと、観光客の皆さんも足を運んでくれないのではないか」と振り返る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。