5年後、日本のメディアコンテンツはこうなる

角川歴彦×川上量生対談(2)

閉塞感を打ち破るためにはルールを変えるしかない

角川 歴彦(かどかわ・つぐひこ)
株式会社KADOKAWA取締役会長。1943年生まれ。早稲田大学第一政治経済学部卒業。内閣官房知的財産戦略本部本部員、東京大学大学院情報学環特任教授などを務める。著書に『クラウド時代と〈クール革命〉』(角川書店)がある。

角川:僕は将棋をやっていたから、ゲームの思考法というのはわかる。川上くんは「ゲームの世界ではルールを変えればいいんだ」ということをサラッと言います。社会のルールを変えればいいじゃないかというふうに、簡単に矩(のり)を超えられる。僕自身、社会のルールは変えられると思って生きてきたから、川上くんの『ルールを変える思考法』という題にビビッときたわけです。

「なんで角川さんは電子書籍でひとり突っ走っているのか」と言われるんだけれども、僕が今、電子書籍に力を入れているのも、電子書籍が出版界の古いルールを変えられるんじゃないか、と思っているからなのです。

川上:KADOKAWAの歴史は、出版業界のルールを変えてきた歴史ですよね(笑)。

角川:ずっと異端児なんです。いつ潰れてもおかしくなかった。父の時代なんて、いつも倒産間際だったから。でも、そういうのがわれわれの役割だと僕は逆に思ったのです。

つまり、講談社、小学館、集英社の3社がすでに体制として出来上がっていて、そこに僕らが体制派として入っていくのは意味がない。そこで「体制内反体制」を標榜した。外部で騒ぐのでもなく、体制内でつねに批判する者でなければならないと考えた。だから、僕はずっとルールを変えようと言い続けてきました。

ルールを変えるのはすごく難しいのです。僕は出版人生でもう何十年も経験してきたからよくわかる。でも、ようやく今になって、ルールを変えなければマズいということをみんなが思い始めた。異端児だった僕に共鳴してくれる人も増えてきました。

再販制と委託制という古い業界ルールが、講談社、小学館、集英社を頂点とするヒエラルキーをつくってきた。でも、もう傷んできちゃった。17年間もひたすら出版業界の売り上げが下がっているわけです。このままでは、ほかの出版社も、書店も、取次(流通)も、みんな生きていけない。だから、いいかげんルールを変えなければいけないということは、みんな感じ始めている。大手3社も、今は賛成してくれています。もうそこまで来ているわけですね。

制度的に煮詰まってしまっているのは、出版界だけではない。社会全体もそうです。そこで、『ルールを変える思考法』というタイトルが、僕には非常に新鮮に感じられたんだよね。

僕も、川上くんの原稿を読んで『ドワンゴ成功の秘密』とか『ニコニコ動画3000万会員の秘密』とか『思考のトレーニングとしてのゲーム』とか、いろいろ別のタイトルを考えたんです。でも、やっぱり、編集者がつけてきた『ルールを変える思考法』のほうがいいでしょう? 電子書籍の時代になっても、編集者の存在は重要なんですよ。

次ページクリエーターが出てくる裾野が広がった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT