スコッティ「使い捨て布巾」のすごすぎる実力

工業用から生まれたペーパータオルが人気化

今、布巾代わりにこれを使う人が増えているようです(写真:尾形文繁)

日々のあまりの忙しさから、今、家事の仕方を見直したいと思う人も多いだろう。仕事をしながらワンオペ育児を続けてきた筆者もその一人だ。

筆者が早くから見直したのは、布巾。布巾を卒業してキッチンタオルにシフトした。使い捨てるので衛生的な気がするし、煮沸やハイターによる消毒作業から解放され、だいぶ楽になった。

しかし、台所周りは拭く場所が多く、キッチンタオルの減りの速さに驚愕。そこで、洗ってすぐ乾く不織布のキッチンダスターを導入し、数日使ってヨレたら捨てるという方法に変更した。ところが、次第にキッチンタオルと比べ吸水性がイマイチで、水滴が残ることも多々ある点が気になるように……。

そんな経緯から他のものを探したところ、ブログや口コミなどで布巾代わりになると評判の、ある商品が目に留まった。日本製紙クレシアの「スコッティファイン 洗って使えるペーパータオル」だ。聞けば、売り上げは2014年度からずっと前年比150%程度で推移しているとのこと。一体、どのような商品なのだろうか。

一般的なパルプ100%ではない!

同社は、スコッティやクリネックスブランドを有する米国キンバリー・クラーク社(以下、キンバリー)と提携しているが、この商品もキンバリーが開発したものだという。キンバリーが家庭用品を強化する中、「工業用ワイパー」のエンボスや形状を変え、家庭用にリメイクした商品なのだそう。ちなみに、この工業用ワイパーとは、工場などで油やインクなどの汚れを落とすウエス(汚れを拭き取るための布)で、日本でも20年以上前から使われてきたという。

開発本部商品開発部長代理の村田剛さん

素材がもともと業務用だからか、「洗って使えるペーパータオル」は、濡れた時の丈夫さが大きな特徴となっている。

今、多くの家庭が使っている一般的なキッチンタオルの原材料はパルプ100%。ところが、同社製品はちょっと違う。詳しくは企業秘密だそうだが、大まかにいうと「一枚のポリプロピレン不織布のシートにパルプを織り込んだ作りになっている」と、同社開発本部商品開発部長代理の村田剛さんは説明する。

つまり、ベースが不織布なので、パルプ100%のキッチンタオルに比べ、濡れた時に11.3倍(同社比)の強度があるという。

次ページ実際使ってみると……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT