スコッティ「使い捨て布巾」のすごすぎる実力

工業用から生まれたペーパータオルが人気化

今、布巾代わりにこれを使う人が増えているようです(写真:尾形文繁)

日々のあまりの忙しさから、今、家事の仕方を見直したいと思う人も多いだろう。仕事をしながらワンオペ育児を続けてきた筆者もその一人だ。

筆者が早くから見直したのは、布巾。布巾を卒業してキッチンタオルにシフトした。使い捨てるので衛生的な気がするし、煮沸やハイターによる消毒作業から解放され、だいぶ楽になった。

しかし、台所周りは拭く場所が多く、キッチンタオルの減りの速さに驚愕。そこで、洗ってすぐ乾く不織布のキッチンダスターを導入し、数日使ってヨレたら捨てるという方法に変更した。ところが、次第にキッチンタオルと比べ吸水性がイマイチで、水滴が残ることも多々ある点が気になるように……。

そんな経緯から他のものを探したところ、ブログや口コミなどで布巾代わりになると評判の、ある商品が目に留まった。日本製紙クレシアの「スコッティファイン 洗って使えるペーパータオル」だ。聞けば、売り上げは2014年度からずっと前年比150%程度で推移しているとのこと。一体、どのような商品なのだろうか。

一般的なパルプ100%ではない!

同社は、スコッティやクリネックスブランドを有する米国キンバリー・クラーク社(以下、キンバリー)と提携しているが、この商品もキンバリーが開発したものだという。キンバリーが家庭用品を強化する中、「工業用ワイパー」のエンボスや形状を変え、家庭用にリメイクした商品なのだそう。ちなみに、この工業用ワイパーとは、工場などで油やインクなどの汚れを落とすウエス(汚れを拭き取るための布)で、日本でも20年以上前から使われてきたという。

開発本部商品開発部長代理の村田剛さん

素材がもともと業務用だからか、「洗って使えるペーパータオル」は、濡れた時の丈夫さが大きな特徴となっている。

今、多くの家庭が使っている一般的なキッチンタオルの原材料はパルプ100%。ところが、同社製品はちょっと違う。詳しくは企業秘密だそうだが、大まかにいうと「一枚のポリプロピレン不織布のシートにパルプを織り込んだ作りになっている」と、同社開発本部商品開発部長代理の村田剛さんは説明する。

つまり、ベースが不織布なので、パルプ100%のキッチンタオルに比べ、濡れた時に11.3倍(同社比)の強度があるという。

次ページ実際使ってみると……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。