「リメンバー・ミー」はピクサーの挑戦作だ

アンクリッチ監督「リスク恐ず面白さを追求」

3月16日より劇場公開の『リメンバー・ミー』は、メキシコで先祖の魂を迎える祝日「死者の日」が題材だ ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. ©2018 Disney. All Rights Reserved.
本年度アカデミー賞で長編アニメーション賞と主題歌賞の2部門を獲得したディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』(同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』)が3月16日より劇場公開されている。本作は、誰も見たことがない明るくカラフルな“死者の国”を舞台に、時を超えた“家族のつながり”を描いた感動のファンタジー・アドベンチャー作品だ。
音楽を手掛けたのはあの『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」を手掛けたロペス夫妻。エモーショナルなタイトル曲は深い感動を呼び起こす。そしてメガホンをとったのは、『トイ・ストーリー3』で、おもちゃたちの別れと絆をドラマチックに描き、世界中を涙で包み込んだリー・アンクリッチ監督。時を超えた家族の愛を、感動的に表現している。今回、本作品のPRのために来日したアンクリッチ監督に、『リメンバー・ミー』が内包する”多様性”について聞いた。​​​

――音楽ミュージカルというのはディズニーの伝統だと思うのですが、ピクサーがここまで「音楽」というテーマにガッツリと取り組んだのは初めてじゃないでしょうか。

この連載の過去記事はこちら

そのとおりです。「楽曲」として音楽は今までも取り扱ってきましたが、ここまで音楽性のある作品はピクサーとしては初めてだと思います。もちろんキャラクターが自分の心情を歌い上げるという、伝統的なミュージカル形式とは違いますが、この映画の中にはパフォーマンスとしてキャラクターが演奏したり歌ったりするシーンが多い。全力でパフォーマンスをするキャラクターに、観客も寄り添うことができますし、感情移入もしやすくなると思います。

ここまで音楽性のある作品はピクサーでは初めて

――ディズニー作品といえば、キャラクターをグッズやテーマパークなどに展開していく強みがあります。この作品でもそういった展開を考えているのでしょうか。

映画というのは決して、おもちゃのプロモーションのために作るものではないので、そういったことは考えないようにしています。

次ページ映画を見ておもちゃを買ってもらえれば
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。