2人の米消費者が神鋼やトヨタなど9社を提訴

データ改ざんで補償要求

 3月14日、神戸製鋼所は、検査データを改ざんした製品を使った自動車を利用した米消費者2人が米カリフォルニア州の連邦裁判所に損害賠償等を請求する訴訟を起こしたと発表した。写真は神戸製鋼所の本社。神戸で昨年10月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[東京 14日 ロイター] - 神戸製鋼所 <5406.T>は14日、検査データを改ざんした製品を使った自動車を利用した米消費者2人が米カリフォルニア州の連邦裁判所に損害賠償等を請求する訴訟を起こしたと発表した。

提訴は5日付。訴えられたのは、神戸製鋼とグループ会社4社、トヨタ自動車 <7203.T>などの計9社。具体的な訴額は明らかになっていない。神戸製鋼は、13日現在で正式な訴状を受け取っておらず「効力を及ぼす訴訟手続きは開始していないと認識している」としている。業績への影響も現時点で不明としている。

神戸製鋼によると、検査データ改ざんに関連した訴訟は3件目になる。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。