2人の米消費者が神鋼やトヨタなど9社を提訴

データ改ざんで補償要求

 3月14日、神戸製鋼所は、検査データを改ざんした製品を使った自動車を利用した米消費者2人が米カリフォルニア州の連邦裁判所に損害賠償等を請求する訴訟を起こしたと発表した。写真は神戸製鋼所の本社。神戸で昨年10月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[東京 14日 ロイター] - 神戸製鋼所 <5406.T>は14日、検査データを改ざんした製品を使った自動車を利用した米消費者2人が米カリフォルニア州の連邦裁判所に損害賠償等を請求する訴訟を起こしたと発表した。

提訴は5日付。訴えられたのは、神戸製鋼とグループ会社4社、トヨタ自動車 <7203.T>などの計9社。具体的な訴額は明らかになっていない。神戸製鋼は、13日現在で正式な訴状を受け取っておらず「効力を及ぼす訴訟手続きは開始していないと認識している」としている。業績への影響も現時点で不明としている。

神戸製鋼によると、検査データ改ざんに関連した訴訟は3件目になる。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT