ジェームズ・レバイン、「セクハラ」で解雇へ

メトロポリタン歌劇場が調査結果受けて処分

 3月12日、米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)は名誉音楽監督を務める著名指揮者ジェームズ・レバイン氏を解雇した。複数のセクハラ疑惑を受け調査を行った結果、「信じるに足る証拠」が見つかったためと説明した。写真は2001年撮影で2016年提供(2018年 ロイター/Koichi Miura/Metropolitan Opera)

[12日 ロイター] - 米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)は12日、名誉音楽監督を務める著名指揮者ジェームズ・レバイン氏(74)を解雇したと発表した。複数のセクハラ疑惑を受け調査を行った結果、「信じるに足る証拠」が見つかったためと説明した。

METは昨年12月、1960年代から80年代にかけてのセクハラ行為の疑惑が浮上したため、同氏を停職処分にしていた。

発表によると、外部に委託した調査で、レバイン氏が同劇場に加わる以前および加わって以降、セクハラ行為を行ったことを示す信頼に足る証拠が見つかった。

「これらの証拠に鑑み、当劇場はレバイン氏が引き続きここで仕事を続けるのは不適切で不可能との結論に達した」としている。

調査は3カ月以上時間をかけ、70人以上から話を聞いたという。

レバイン氏は2016年に引退するまで約40年間、METの音楽監督を務めた。

同氏はセクハラ行為について否定している。代理人からのコメントは今のところ得られていない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT