コインチェック、NEM補償総額は約466億円に

12日中に約26万人を対象に実施

 3月12日、コインチェックは、仮想通貨NEMの流出被害に遭った約26万人を対象とする補償を同日中に行うと発表した。補償総額は約463億円。写真は都内で1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 12日 ロイター] - コインチェックは12日、仮想通貨NEMの流出被害に遭った約26万人を対象とする補償を同日中に行うと発表した。補償総額は約466億円。

補償は日本円で行う。預金口座への振込ではなく、顧客が保有するコインチェックのアカウントの残高に補償額を反映する。

同社はまた、外部専門家の協力のもと、技術面の安全性確認ができたとして、一部サービスを12日に再開すると発表した。

再開するサービスは、イーサリアム、イーサリアム・クラシック、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインの出金と、イーサリアム、イーサリアム・クラシック、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの売却。

(和田崇彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT