コインチェック、NEM補償総額は約466億円に

12日中に約26万人を対象に実施

 3月12日、コインチェックは、仮想通貨NEMの流出被害に遭った約26万人を対象とする補償を同日中に行うと発表した。補償総額は約463億円。写真は都内で1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 12日 ロイター] - コインチェックは12日、仮想通貨NEMの流出被害に遭った約26万人を対象とする補償を同日中に行うと発表した。補償総額は約466億円。

補償は日本円で行う。預金口座への振込ではなく、顧客が保有するコインチェックのアカウントの残高に補償額を反映する。

同社はまた、外部専門家の協力のもと、技術面の安全性確認ができたとして、一部サービスを12日に再開すると発表した。

再開するサービスは、イーサリアム、イーサリアム・クラシック、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインの出金と、イーサリアム、イーサリアム・クラシック、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの売却。

(和田崇彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。