コインチェック、NEM補償総額は約466億円に

12日中に約26万人を対象に実施

 3月12日、コインチェックは、仮想通貨NEMの流出被害に遭った約26万人を対象とする補償を同日中に行うと発表した。補償総額は約463億円。写真は都内で1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 12日 ロイター] - コインチェックは12日、仮想通貨NEMの流出被害に遭った約26万人を対象とする補償を同日中に行うと発表した。補償総額は約466億円。

補償は日本円で行う。預金口座への振込ではなく、顧客が保有するコインチェックのアカウントの残高に補償額を反映する。

同社はまた、外部専門家の協力のもと、技術面の安全性確認ができたとして、一部サービスを12日に再開すると発表した。

再開するサービスは、イーサリアム、イーサリアム・クラシック、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインの出金と、イーサリアム、イーサリアム・クラシック、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュの売却。

(和田崇彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。