インテル、ブロードコム買収検討報道を一蹴

過去に買収した事業の統合に専念

 3月9日、インテルは、同社が同業のブロードコムの買収など検討しているとの一部報道について、過去に買収した事業の統合に専念しているとコメントした。ロサンゼルスで昨年6月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[9日 ロイター] - 米半導体大手インテル<INTC.O>は9日、同社が同業のブロードコム<AVGO.O>の買収など検討しているとの一部報道について、過去に買収した事業の統合に専念しているとコメントした。

これに先立ち、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、ブロードコムがクアルコム<QCOM.O>に敵対的買収を仕掛けていることへの対応として、インテルがブロードコムへの買収提案を含めて幅広い選択肢を検討していると報じていた。

インテルはこの報道について「うわさや観測」にはコメントしないと表明。「当社はモービルアイ、アルテラなど、過去30カ月で重要な買収を行ってきた。こうした買収先を統合し、顧客と株主にとって望ましい成果を出すことに専念している」との声明をロイターに送付した。

ブロードコムのコメントはとれていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。