南北急接近の底流にある2人の「特異な出自」

金正恩は北朝鮮でなく、文在寅は韓国でない

しかし、米軍を中心とする国連軍と韓国軍が戦況を逆転し、中朝国境付近まで兵を進める。そこで100万人以上の中国人民義勇軍が国境の川・鴨緑江を渡って参戦し、形勢が再び逆転。米国を中心とする国連軍と韓国軍は、南への後退を余儀なくされた。 

北朝鮮からの避難民たちも、軍人のあとを追うように、持ち出せる精一杯の荷物を抱えて、南を目指す。日本海に面した北朝鮮南部の興南の埠頭には、戦火を逃れた10万人以上の避難民が押し寄せ、韓国に逃げる救援船を待った。

1950年12月20日、港に停泊していた米国の艦船が武器を積み込み、港を離れる準備をしていた。「避難民を助けて欲しい」との韓国軍の懸命の要請を受けて米軍は方針を変更、すでに積載していた武器を下ろして、避難民を船に招き入れた。

血縁のいない見ず知らずの土地

その中に、米国の貨物船『メロディス・ビクトリー号』の姿もあった。定員1000人あまりのこの船に、約1万4000人もの避難民が乗り込んだ。ひと組の若い夫婦が、大勢の避難民にもみくちゃにされながら船に潜り込む。それが、文在寅の両親だった。

船は韓国の南部の島、巨済島にたどり着いた。ここにあった難民キャンプで、夫婦は暮らした。血縁のいない見ず知らずの土地だ。

1953年にこの島で2人の長男として生まれた文在寅は、その後家族とともに大都市・釜山に引っ越すが、貧しい生活は変わらない。

暖房用の煉炭配達をする母を手伝ってリヤカーを引っ張る日々。リヤカーが斜面から落ちて、文在寅は危うく大けがをしそうになったこともある。

その後、浪人生活を経て、全額奨学金のあるソウルの大学に入学。しかし民主化を求めるデモに参加したことで投獄され、大学は除籍。のちに軍隊に強制徴集される。

父の死を機に猛勉強を開始、司法試験に挑戦し、一次試験をパスした。またしても民主化デモに参加して逮捕され、二次試験は警察の留置場で受けたというエピソードもある。

次ページ司法研修所を優秀な成績で卒業
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。