男子400メートル予選で5人全員失格の珍事

世界室内、全員が失格となったのは初めて

 3月2日、陸上の世界室内選手権、男子400メートル予選3組で走った5人全員が失格になるという珍事があった。カタールのアブダル・ハルーン(中央)はフライングによりスタート前に失格(2018年 ロイター/Phil Noble)

[バーミンガム(英国) 2日 ロイター] - 陸上の世界室内選手権は2日、各競技を行い、男子400メートル予選では3組で走った5人全員が失格になるという珍事があった。

トップでゴールしたグレナダの選手はコースをはみ出たとして失格。ジャマイカとラトビア、バハマの3選手も同じ理由で失格となった。2017年世界選手権での銅メダリスト、アブダル・ハルーン(カタール)はフライングによりスタート前に失格となっていた。

統計の専門家、マーク・バトラー氏によると、陸上の主要大会の予選で全員が失格となったのは初めてだという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT