プログラミング言語「Ruby」が愛される理由

日本発で世界席巻、生みの親が振り返る25年

Rubyの生みの親であるまつもとゆきひろ氏(撮影:田所千代美)
HuluやUber、Airbnb、GitHub、日本国内でもクックパッドや食べログ、マネーフォワードなど数多くのウェブサービスで使われている、日本生まれのプログラミング言語「Ruby」。日本を超えて世界中の多くのサービスの根幹を支えてきたRubyが、今年で誕生から25周年を迎える。
Twitterの「#ruby25th」というハッシュタグには、世界中からお祝いのメッセージが寄せられている。「Rubyがプログラミングの面白さを教えてくれた」「RubyのおかげでWebサービスをつくることができた」「Ruby made me fall in love with coding(訳: 私とコーディングが恋に落ちたのはRubyのおかげ)」。
なぜ、プログラミングツールであるひとつの言語がここまで愛されてきたのだろうか。Rubyの生みの親であるまつもとゆきひろ氏にインタビューした。

Rubyはなぜ多くの人々から親しまれてきたのか

池澤 あやか(以下、池澤):「#ruby25th」には、世界中からたくさんのお祝いメッセージが寄せられていて、Rubyの愛され具合が伝わってきました。生みの親ご本人にお聞きすることではないかもしれませんが、なぜここまで多くの人々から親しまれてきたのでしょうか。

過去の連載一覧はこちら

まつもと ゆきひろ(以下、まつもと):ありがたいことに、Rubyはプログラミング初心者にも上級者にも使っていただいています。しかし、当初はあくまで自分のために作っていたので、決して初心者向けにつくったものではありません。私も使いたいので、上達したらいつか卒業してしまう「補助輪」のような言語は考えていません。

それでいて、初心者にとって使いやすいというのは、実用性と同時に「気分の良さ」も重視したからだと思います。Rubyは「気分の良さ」を失わないよう、なるべくシンプルな構文や規則で書けるようにしています。この「気分の良さ」が愛される理由に繋がっているのかもしれません。

池澤: 最初に勉強したRubyがずっと使えるというのは、ユーザーとしても嬉しいですね。

まつもと:Rubyのコミュニティには、初学者から上級者までさまざまなレベルの人がいるので、一緒に学ぶ仲間もいれば、わからないことがあれば教えてくれる人もいます。このコミュニティの豊かさも、Rubyが愛される理由のひとつかもしれませんね。

次ページRubyが誕生してから四半世紀が経った
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GW10連休は<br>分厚い本を読もう

長い休みには、普段は手が出ない分厚い本、時間をかけて咀嚼が必要な本を読むのはいかが。本誌の書評者など12人が「自分が読み返したい本」「読者にお薦めの本」を選書。さらに「これから読みたい本」も。 ピンときたら、いざ書店へ!