昔は輝いていたが…「残念な特急列車」10選

競争激化や観光衰退などで苦戦強いられ…

9)「はやとの風」(吉松―鹿児島中央)

嘉例川駅に到着した「はやとの風」(筆者撮影)

わが世の春を謳歌しているかに思える観光列車。全国いたるところで個性的な車両が走りまわり人気も上々、予約が取りにくい列車もある。そんな中、観光列車王国のJR九州から「はやとの風」が今春のダイヤ改正で毎日の運行を取りやめ、不定期列車とするとの発表があった。

廃止ではないので一安心だ。新ダイヤでは、年間の運転日数は210日。土休日以外では、夏休みなど学校の長期休業期間や観光シーズンには平日の運転もあるが、閑散期の平日は運休となる。もっとも、各地の観光列車の多くは、週末のみ運転なので、今までが特別だったのかもしれない。しかし、観光列車(JR九州では「D&S列車」と呼んでいる)に熱心なJR九州が目玉商品のリストラを行ったことで、各方面に影響を及ぼしそうだ。残念というほかない。

車内で何も買えないのはおかしい!

10)車内販売のない特急列車

観光列車の車内販売。特急では車内販売のない列車も増えた(筆者撮影)

特急列車は長距離移動が多いので、車内での飲食の販売は必須ともいえるし、それが当然のことと長年思われてきた。食堂車が連結されていない特急列車は一段落ちる列車と評価されていた時代もあったのだ。

もっとも、時代の変遷とともに食堂車はないのが当たり前となり、車内販売があれば十分ということになった。ところが、その車内販売もどんどん廃止され、今や飲食物をあらかじめ用意しないと長時間飢えに苦しむ状況が普通になってしまった。

しかし、これは冷静に考えるとおかしなことで、サービスの甚だしい低下である。せめて飲料の自動販売機くらいはあってもいいのではないだろうか?

最近の日経新聞の報道によると、JR北海道の特急「大雪」の車内で沿線自治体などが地元の特産品を販売する取り組みが好調とのことだ。一時的な試行ではあるけれど、2月10日からは特急「サロベツ」の一部区間でも地元産食材を使ったスイーツや乳製品などを販売する。すべて鉄道会社任せにするのではなく、沿線も積極的に協力し、工夫を凝らすことにより列車を魅力あるものとしていけたらよいのではないだろうか。残念な特急列車が減り、乗客も少しずつ戻ってくるのを期待したい。

以上、厳しい状況にある特急列車の実態をリポートしてみたが、積極的に議論することで活性化の取り組みが行われ、それにより乗客が増え、ひいては利便性も向上すればと思う。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100年時代の人生&行動戦略<br>ライフシフト超入門

人生100年時代の覚悟と実践を提示した書籍『ライフシフト』の「1」と「2」が話題です。高齢化社会で働き方や学び方はどう変わるのでしょうか。本特集では著者インタビューやライフシフトの実践例も掲載。長寿時代を乗り越えるためのヒントが満載です。

東洋経済education×ICT