三井住友FG上半期当期利益4800億円に増額 市場部門の利益想定以上、与信費用少なく

拡大
縮小
10月4日、三井住友フィナンシャルグループは、2013年4─9月期の当期利益予想を65.5%引き上げ4800億円に上方修正すると発表した。昨年11月撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 4日 ロイター] - 三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>は4日、2013年4─9月期の当期利益予想を65.5%引き上げ4800億円に上方修正すると発表した。株高の影響や与信関係費用の減少が主な要因。従来予想は2900億円だった。同じく経常利益予想も50.9%引き上げ8000億円とする(従来予想は5300億円)。

株高により傘下の三井住友銀行の市場営業部門の収益が堅調に推移し、業務純益が従来予想に比べ500億円増え4400億円になる見込みとなった。与信関係費用も従来予想に比べ800億円減少し700億円の戻入の見込み。

これを踏まえた14年3月期の業績予想は、13年4─9月業績の発表時に公表するという。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT