三井住友FG上半期当期利益4800億円に増額

市場部門の利益想定以上、与信費用少なく

10月4日、三井住友フィナンシャルグループは、2013年4─9月期の当期利益予想を65.5%引き上げ4800億円に上方修正すると発表した。昨年11月撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 4日 ロイター] - 三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>は4日、2013年4─9月期の当期利益予想を65.5%引き上げ4800億円に上方修正すると発表した。株高の影響や与信関係費用の減少が主な要因。従来予想は2900億円だった。同じく経常利益予想も50.9%引き上げ8000億円とする(従来予想は5300億円)。

株高により傘下の三井住友銀行の市場営業部門の収益が堅調に推移し、業務純益が従来予想に比べ500億円増え4400億円になる見込みとなった。与信関係費用も従来予想に比べ800億円減少し700億円の戻入の見込み。

これを踏まえた14年3月期の業績予想は、13年4─9月業績の発表時に公表するという。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT