羽生結弦選手、「戦略を練ることができた」

「金メダルを取るのは本当に大変だった」

(写真:REUTERS/Damir Sagolj)

[韓国、江陵市 (ロイター)] - 2月17日の男子シングルスの試合で、日本の羽生結弦選手がいくつかのミスはあったものの観衆を魅了するプログラムによって金メダルを獲得。66年ぶりに2大会連続で優勝すると同時に、日本に平昌オリンピック初の金メダルをもたらした。

江陵市にあるスケートリンクで、応援に駆けつけた興奮する観衆を前にスケートを披露した23歳の羽生選手は、4回転トウループやトリプル・ルッツでミスをしたものの、それらのミスが金メダルに相応しい演技を損なうことにはならなかった。

「金メダルを取るのは本当に大変でした」

オリンピックで2度目の金メダリストとなった羽生選手は、 銀メダルの宇野昌磨選手に総合で11点近くの差をつけて終了した。

「金メダルを取るのは本当に大変でした」と羽生選手はレポーターに語っている。「(怪我によって)しばらくスケートをしていなかったので、たくさんの戦略を考えたり練ったりすることができました」。

最後に滑った宇野選手は、最初の4回転ループで転倒したものの、それでも銀メダルを獲得するに到るまで健闘し、トータルで306.90点を稼いだ。

次ページフェルナンデス選手「自分の演技には満足」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。