羽生がフィギュア男子2連覇、宇野は銀に輝く

66年ぶりのオリンピック2連覇

羽生結弦は男子フィギュアスケート・シングルで金メダルを獲得し、66年ぶりにオリンピック2連覇を飾った(写真:REUTERS/Damir Sagolj)

[2月17日 ロイター]羽生結弦は男子フィギュアスケート・シングルで金メダルを獲得し、66年ぶりにオリンピック2連覇を飾った。平昌オリンピックにおける日本初の金メダルだった。

日本の宇野昌磨が銀メダルを獲得。スペインのフェルナンデス選手が最後のオリンピックで競り合って銅メダルを獲得した。

(Elaine Lies、Gabrielle Tetrault-Farber、Kim Soyoungによる報告、Sudipto Gangulyによる編集)


 

                  Short Program /Free Program /Overall

1. Yuzuru Hanyu (Japan) 111.68 /206.17 /317.85

2. Shoma Uno (Japan) 104.17 /202.73 /306.90

3. Javier Fernandez (Spain) 107.58 /197.66 /305.24

4. Jin Boyang (China) 103.32 /194.45 /297.77

5. Nathan Chen (U.S.) 82.27 /215.08 /297.35

6. Vincent Zhou (U.S.) 84.53 /192.16 /276.69

7. Dmitriy Aliev (Olympic Athlete from Russia) 98.98 /168.53 /267.51

8. Mikhail Kolyada (Olympic Athlete from Russia) 86.69 /177.56 /264.25

9. Patrick Chan (Canada) 90.01 /173.42 /263.43

10. Adam Rippon (U.S.) 87.95 /171.41 /259.36

11. Alexei Bychenko (Israel) 84.13 /172.88 /257.01

12. Keegan Messing (U.S.) 85.11 /170.32 /255.43

13. Daniel Samohin (Israel) 80.69 /170.75 /251.44

14. Jorik Hendrickx (Belgium) 84.74 /164.21 /248.95

15. Cha Jun-Hwan (Korea) 83.43 /165.16 /248.59

16. Michal Brezina (Czech Republic) 85.15 /160.92 /246.07

17. Misha Ge (Uzbekistan) 83.90 /161.04 /244.94

18. Keiji Tanaka (Japan) 80.05 /164.78 /244.83

19. Deniss Vasiljevs (Latvia) 79.52 /155.06 /234.58

20. Brendan Kerry (Australia) 83.06 /150.75 /233.81

21. Matteo Rizzo (Italy) 75.63 /156.78 /232.41

22. Paul Fentz (Germany) 74.73 /139.82 /214.55

23. Yan Han (China) 80.63 /132.38 /213.01

24. Moris Kvitelashvili (Georgia) 76.56 /128.01 /204.57

25. Julian Yee (Malaysia) 73.58 /-/73.58

26. Chafik Besseghier (France) 72.10 /-/72.10

27. Denis Ten (Kazakhstan) 70.12 /-/70.12

28. Michael Martinez (Philippines) 55.56 /-/55.56

29. Felipe Montoya (Spain) 52.41 /-/52.41

30. Yaroslav Paniot (Ukraine) 46.58 /-/46.58

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?