「投資初心者向け金融商品」がダメな根本理由

「リスク」の取り方はどうすればいいのか

金融機関が「初心者向けの、リスクが少ない良い商品があるんですよ」と言ってきたら要注意だ(写真:ふじよ / PIXTA)

皆さんは「投資歴何年」でしょうか? もし投資の経験がない、または浅い人ならどの金融商品を選ぶか、迷うのではないでしょうか。そんな人を狙い打ちにしているのか、金融機関が販売している商品の中には「投資初心者向け」と銘打ったものが結構あります。

初心者もプロも、市場ではみな同じ土俵で勝負している

でもよく考えてみると、「初心者向け商品」というのは、本当に適切なものなのでしょうか? 株式にしても債券にしても「初心者向けの市場」などというものがあるわけではありません。市場はつねに自由で、誰もが参加できるものですからプロもアマも初心者だってベテランだって、同じ市場で勝負しているのです。初心者だからハンディをもらえるというわけでもありません。そんな市場で運用する金融商品に、本来なら初心者向けなどというものがあるはずはないのです。

たとえば、初心者向けの自動車とか初心者向けのサッカーボールのようなものがあるでしょうか? 子供向けのおもちゃなら別ですが、そんなものはありません。あるのは車の運転にしてもスポーツでも、初心者が気を付けておくべきことや、知っておくべき心構えだけです。投資も同じです。初心者として注意すべき点は確かにありますが、初心者向けの商品などというものは、本来存在しないのです。

一般に投資初心者向け商品としては、あまりリスクを取りたくないという人向けに「リスク限定型投信」というものが発売されています。

発売する側は、「投資初心者は『価格が変動するリスクが怖いから、できるだけリスクを取りたくない』という気持ちを持つ人が多いだろう」と考え、こうした種類の商品を勧めているのでしょう。でも、初心者であれベテランであれ、リスクを取りたくないという人は必ずいます。

そういう人、つまりリスク許容度が低い人で、それでも投資をしたいというのであれば、リスク限定型投信など購入する必要はないのです。ではどうすればいいでしょうか。

次ページ資産全体のうち、リスク資産の割合を決めるだけでよい
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。