これがスミソニアン「オバマ夫妻肖像画」だ

黒人画家2人が製作、その評判は?

 2月12日、米スミソニアン国立肖像画美術館の歴代大統領肖像画コーナーに展示されるオバマ前大統領夫妻の肖像画が完成し、お披露目が行われた(2018年 ロイター/Jim Bourg )

[ワシントン 13日 ロイター] - 米スミソニアン国立肖像画美術館の歴代大統領肖像画コーナーに展示されるオバマ前大統領夫妻の肖像画が完成し、12日、お披露目が行われた。オバマ氏は、自分の耳と髪の出来栄えについて冗談を飛ばすとともに、ミシェル夫人の「素敵さ」を賞賛した。

肖像画の製作を手掛けたのは、前大統領のものがケヒンデ・ワイリー氏、夫人のものがエイミー・シェラルド氏で、ともにアフリカ系米国人アーティストとして初めて、スミソニアンの委託で大統領または婦人の肖像画を描いたという。

肖像画のオバマ氏は明るい緑の葉と花々を背景に茶色の椅子に腰かけている。ミシェル夫人は幾何学模様のドレスを着て、片手を顎の下に、もう一方の手を膝に置いている。

オバマ氏はシェラルド氏に対し、「愛する女性の気品と美しさ、知性、魅力、素敵さをこのように見事に捕えてくれたことに、感謝したい」と述べた。

ワイリー氏については、題材が魅力不足なので負けていると冗談を交え、「白髪をもっと少なくしてほしいと交渉したが、美術的観点から難しかった。耳ももっと小さくと交渉したが、これも駄目だった」と語った。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙の美術評論家ホランド・コッター氏は、通常と違ったオバマ氏の描き方が印象的と評価する一方、ミシェル夫人については服装に焦点が合わせられていて失望したと批評した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT