スタバ、イタリア進出準備で150人採用へ

高級店「リザーブ・ロースタリー」を準備

 2月2日、コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックスは、イタリア進出に向け150人の採用に着手したと発表した。ミラノで高級店「リザーブ・ロースタリー」を今秋オープンする予定。写真は上海の「リザーブ・ロースタリー」の焙煎(ばいせん)や抽出過程を見せる店内の様子。昨年12月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[ミラノ 2日 ロイター] - コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックス<SBUX.O>は2日、イタリア進出に向け150人の採用に着手したと発表した。ミラノで高級店「リザーブ・ロースタリー」を今秋オープンする予定。

リザーブ・ロースタリーでは、コーヒー愛好者に対して焙煎(ばいせん)や抽出過程を見せるほか、さまざまなコーヒーを試飲する機会を提供する。この種の店舗を欧州でオープンするのはこれが初となる。

同店のオープン後は、イタリアでライセンスを供与されている伊ペルカッシがミラノで従来型のスタバの店舗を展開する。イタリアの店舗で今年、計300人を雇用する予定という。

リザーブ・ロースタリーはこれまでに米シアトルと中国・上海の2カ所でオープン。今後、ニューヨークやシカゴ、東京に出店する計画だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT