スタバ、イタリア進出準備で150人採用へ

高級店「リザーブ・ロースタリー」を準備

 2月2日、コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックスは、イタリア進出に向け150人の採用に着手したと発表した。ミラノで高級店「リザーブ・ロースタリー」を今秋オープンする予定。写真は上海の「リザーブ・ロースタリー」の焙煎(ばいせん)や抽出過程を見せる店内の様子。昨年12月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[ミラノ 2日 ロイター] - コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックス<SBUX.O>は2日、イタリア進出に向け150人の採用に着手したと発表した。ミラノで高級店「リザーブ・ロースタリー」を今秋オープンする予定。

リザーブ・ロースタリーでは、コーヒー愛好者に対して焙煎(ばいせん)や抽出過程を見せるほか、さまざまなコーヒーを試飲する機会を提供する。この種の店舗を欧州でオープンするのはこれが初となる。

同店のオープン後は、イタリアでライセンスを供与されている伊ペルカッシがミラノで従来型のスタバの店舗を展開する。イタリアの店舗で今年、計300人を雇用する予定という。

リザーブ・ロースタリーはこれまでに米シアトルと中国・上海の2カ所でオープン。今後、ニューヨークやシカゴ、東京に出店する計画だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。