スタバ、イタリア進出準備で150人採用へ

高級店「リザーブ・ロースタリー」を準備

 2月2日、コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックスは、イタリア進出に向け150人の採用に着手したと発表した。ミラノで高級店「リザーブ・ロースタリー」を今秋オープンする予定。写真は上海の「リザーブ・ロースタリー」の焙煎(ばいせん)や抽出過程を見せる店内の様子。昨年12月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[ミラノ 2日 ロイター] - コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックス<SBUX.O>は2日、イタリア進出に向け150人の採用に着手したと発表した。ミラノで高級店「リザーブ・ロースタリー」を今秋オープンする予定。

リザーブ・ロースタリーでは、コーヒー愛好者に対して焙煎(ばいせん)や抽出過程を見せるほか、さまざまなコーヒーを試飲する機会を提供する。この種の店舗を欧州でオープンするのはこれが初となる。

同店のオープン後は、イタリアでライセンスを供与されている伊ペルカッシがミラノで従来型のスタバの店舗を展開する。イタリアの店舗で今年、計300人を雇用する予定という。

リザーブ・ロースタリーはこれまでに米シアトルと中国・上海の2カ所でオープン。今後、ニューヨークやシカゴ、東京に出店する計画だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。