スタバ、イタリア進出準備で150人採用へ

高級店「リザーブ・ロースタリー」を準備

 2月2日、コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックスは、イタリア進出に向け150人の採用に着手したと発表した。ミラノで高級店「リザーブ・ロースタリー」を今秋オープンする予定。写真は上海の「リザーブ・ロースタリー」の焙煎(ばいせん)や抽出過程を見せる店内の様子。昨年12月撮影(2018年 ロイター/Aly Song)

[ミラノ 2日 ロイター] - コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックス<SBUX.O>は2日、イタリア進出に向け150人の採用に着手したと発表した。ミラノで高級店「リザーブ・ロースタリー」を今秋オープンする予定。

リザーブ・ロースタリーでは、コーヒー愛好者に対して焙煎(ばいせん)や抽出過程を見せるほか、さまざまなコーヒーを試飲する機会を提供する。この種の店舗を欧州でオープンするのはこれが初となる。

同店のオープン後は、イタリアでライセンスを供与されている伊ペルカッシがミラノで従来型のスタバの店舗を展開する。イタリアの店舗で今年、計300人を雇用する予定という。

リザーブ・ロースタリーはこれまでに米シアトルと中国・上海の2カ所でオープン。今後、ニューヨークやシカゴ、東京に出店する計画だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT