ソニー、後任の社長に吉田憲一郎氏が就任へ

4月1日付け、平井一夫社長が会長に

 2月2日、ソニーは、平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO)が会長となり、後任の社長兼CEOに吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO、写真)を昇格させる人事を発表した。写真は都内で昨年2月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 2日 ロイター] - ソニー<6758.T>は2日、吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)が社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格する人事を発表した。平井一夫社長兼CEOは代表権のない取締役会長に就任する。4月1日付。

平井社長はニュースリリースで「新しい中期経営計画が始まるこのタイミングで、新しい経営体制にバトンタッチすることが今後のソニーにとって、また私自身の人生においても適切であると考え、社長兼CEOからの退任を決断した」と説明。

一方、吉田副社長は「4月から始まる新たな中期経営計画、2018年度の事業計画をしっかりと固め、着実に実行していくことに注力する」とコメントした。

CFOには、十時裕樹最高戦略責任者(CSO)が就任する。

ソニーは2018年3月期に20年ぶりに過去最高の営業利益を達成する見通しとなるなど、足元では復活を印象づける話題が相次いでいる。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。