LINE、仮想通貨関連事業に参入

金融サービスを行う新会社を設立

 1月31日、LINEは、LINE上で仮想通貨の交換やローン、保険などの金融サービスを提供できる新会社である「LINEファイナンシャル」を設立したと発表した。写真は同社のロゴ。都内で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - LINE<3938.T>は31日、LINE上で仮想通貨の交換やローン、保険などの金融サービスを提供できる新会社である「LINEファイナンシャル」を設立したと発表した。仮想通貨事業関連に関しては、すでに金融庁へ仮想通貨交換事業者登録のための手続きを開始、現在は審査を受けていると説明している。

新会社は今年1月10日に設立され、資本金50億円。代表取締役にはLINEの出澤剛社長が就任、金融事業のさらなる拡大を図るとしている。

同社は「日々のメッセージを扱う高いレベルのセキュリティーに加え、ブロックチェーン技術などの研究・開発を積極的に推進し、ユーザーにとって便利で、安全な金融サービスの提供を目指していく」との意向を公表している。

(田巻一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT