LINE、仮想通貨関連事業に参入

金融サービスを行う新会社を設立

 1月31日、LINEは、LINE上で仮想通貨の交換やローン、保険などの金融サービスを提供できる新会社である「LINEファイナンシャル」を設立したと発表した。写真は同社のロゴ。都内で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - LINE<3938.T>は31日、LINE上で仮想通貨の交換やローン、保険などの金融サービスを提供できる新会社である「LINEファイナンシャル」を設立したと発表した。仮想通貨事業関連に関しては、すでに金融庁へ仮想通貨交換事業者登録のための手続きを開始、現在は審査を受けていると説明している。

新会社は今年1月10日に設立され、資本金50億円。代表取締役にはLINEの出澤剛社長が就任、金融事業のさらなる拡大を図るとしている。

同社は「日々のメッセージを扱う高いレベルのセキュリティーに加え、ブロックチェーン技術などの研究・開発を積極的に推進し、ユーザーにとって便利で、安全な金融サービスの提供を目指していく」との意向を公表している。

(田巻一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。