リアルジャイアン?「地雷女性」とどう戦う?

男性上司のためのモヤモヤ解消塾!

では3択です。いかがでしょうか?

Aかまってあげる

B手放す

CLINEのスタンプを送りまくる

これはもうBの「手放す」しかないのではないでしょうか。といってもそれは「切り捨てる」わけではなく、「辞めます」という言葉の重みや周囲へのマイナス発言の影響力を、組織の一員であれば考えなさいと指導すべきということです。この女性は、もしかしたら上司にもっと承認されたい欲求が強いのかもしれないのですね。

上司③「でも、承認欲求とはいえ、しかっただけで感情的になるのは、人間としてあまりに幼くはありませんか?」

男性脳と女性脳

確かに幼稚です。そこで少しフォローさせていただくと、脳にはセロトニンという神経伝達物質があり、これは緊張や焦燥感をコントロールし、気持ちを落ち着かれる効果があるのですが、このセロトニンの総量が女性は男性の52%しかないと言われるほど、少ないのです。ですから、女性は感情の生き物と言われるという研究もあります。このような脳の違いを知っておくだけでも、あなた自身も女性が感情的になることへのストレスを削減できるのではないでしょうか。

もちろんそれを踏まえたうえで、その女性部下にはしっかりと指導すべきだと思います。承認欲求は、ゴマすりやお世辞とわかっていてもそうあってほしいという欲求で、その気になってしまうとも言われています。しかるばかりではなく、褒められて嫌な気はしないのと一緒で、「あなたにしかできない」と言われると自尊心を持ち上げられて、部下は気分よく引き受けてくれるかもしれません。また、上司であるあなたが「これを乗り越えたらこんなことが達成できると」未来に何が起きるかを伝え、明るい夢を与えることで部下のやる気を引き出すことができるはずです。

上司③「そうですね。しかるばかりでは人望を集める上司とは言えませんね。夢や希望を与える上司になります! ありがとうございました!」

いかがでしたでしょうか? 「上司のモヤモヤ解消塾」男性女性、違う部分は多々あります。それでも管理者としては管理能力を問われるところ。あらためて男女の違いを再確認し、社内の「こまったさん」や「まいったさん」を優秀な女性社員に生まれ変わらせるのも、上司の腕の見せどころですよ!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナウイルスの恐怖
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。