マイクロソフトが「緊急アップデート」を公開

修正ソフトにバグがあったため

 1月29日、インテルが自社の半導体の脆弱性対策として配布したパッチ(修正ソフト)にバグが生じている問題で、米マイクロソフトは、同パッチを無効化する緊急アップデートを公開した。写真はマイクロソフト社のロゴ。カリフォルニアで2016年6月撮影(2018年 ロイター/Lucy Nicholson)

[29日 ロイター] - インテル<INTC.O>が自社の半導体の脆弱性対策として配布したパッチ(修正ソフト)にバグが生じている問題で、米マイクロソフト<MSFT.O>は29日、同パッチを無効化する緊急アップデートを公開した。

インテルは前週、同パッチを適用したコンピューターが通常よりも頻繁に再起動を繰り返すなどの報告を受け、同パッチの使用をやめるようコンピューターメーカーなどの顧客に通知していた。

「データの喪失または破損」が発生するリスク

マイクロソフトによれば、同パッチによりシステムが不安定になり、場合によっては「データの喪失または破損」が発生するという。

マイクロソフトは今回のアップデートにより、予想外の再起動を防ぐとした。またすでに影響を受けている顧客に対して、ウェブサイト「マイクロソフト・アップデート・カタログ」から手動でダウンロードを行うよう呼び掛けた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。