買収協議に関する一部報道、「事実ではない」

ルネサスエレクトロニクスがコメント

 1月30日、半導体大手ルネサスエレクトロニクスは、同社が米同業のマキシム・インテグレーテッド・プロダクツ買収に向けた協議を進めているとの一部報道について、そのような事実はないと否定するコメントを発表した。同社のロゴの入った基板。昨年4月東京で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - 半導体大手ルネサスエレクトロニクス<6723.T>は30日、同社が米同業のマキシム・インテグレーテッド・プロダクツ<MXIM.O>買収に向けた協議を進めているとの一部報道について、そのような事実はないと否定するコメントを発表した。

CNBCは29日、ルネサスがマキシム買収に向けて交渉しており、買収価格は最大200億ドルとなる可能性があると報じた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。