日経平均は3日続落、終値は3週ぶり安値水準

ドル安円高を警戒だが、下値は限定的か

 1月26日、東京株式市場で日経平均は小幅に3日続落した。トランプ米大統領の「強いドルを望む」との発言を受け、為替がドル高/円安に振れたことが支援材料となり、序盤は買い戻しが先行。写真は東京証券取引所で2016年2月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 26日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅に3日続落した。トランプ米大統領の「強いドルを望む」との発言を受け、為替がドル高/円安に振れたことが支援材料となり、序盤は買い戻しが先行。だが円高警戒は根強く、上昇が一服すると売りに押され下げに転じた。終値は4日の大発会以来、3週ぶりの安値水準を付けた。

TOPIXも3日続落。東証1部の売買代金は前日比約2%減の2兆9075億円だった。業種別で上昇率トップとなったのは繊維で、精密機器、その他製品がこれに続いた。下落率トップは石油・石炭。保険など金融セクターの下げも目立った。

世界経済フォーラム年次総会(WEF、ダボス会議)ではトランプ米大統領の演説が今晩予定されている。保護主義的な姿勢が警戒され、日中は手控えムードも広がった。日経平均は一時77円安となったが、下値は限定的。「米国の減税策やインフラ計画などは基本的に米国株にプラス。米国株の上昇が期待される中では、日本株は大きく調整しにくい」(岡三アセットマネジメント・シニアストラテジストの前野達志氏)との見方も出ている。

日経平均ボラティリティ―指数<.JNIV>は一時17ポイント台前半まで上昇。取引時間中としては昨年12月7日以来、1カ月半ぶりの高水準を付けた。主力株では東京エレクトロン<8035.T>が2%を超す下落。キーエンス<6861.T>が1%を超す下落となるなど、半導体・ハイテク銘柄の一角に売りが出た。一方、TOPIX Small<.TSIS>は0.24%高と、小型株指数は堅調だった。

個別銘柄ではこのほか楽天<4755.T>が逆行高。東証1部売買代金上位にランクインするなど、商いを伴いながら上昇した。米小売り大手ウォルマート・ストアーズ<WMT.N>と提携したと26日に発表しており、これを材料視した買いが入った。

半面、富士通ゼネラル<6755.T>が大幅安。25日に発表した2018年3月期業績予想の下方修正を嫌気した。中東、ブラジルの市況が想定以上に落ち込んでいることや、インド向けの出荷計画を見直したことなどが響く。

東証1部の騰落数は、値上がり1079銘柄に対し、値下がりが876銘柄、変わらずが109銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      23631.88 -37.61

寄り付き    23757.34

安値/高値   23592.28─23797.96

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1879.39 -5.17

寄り付き     1889.46

安値/高値    1878.89─1892.46

 

東証出来高(万株) 153427

東証売買代金(億円) 29075.94

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。