SNSで炎上する会社とファン動かす会社の差

本物の体験と動機を理解しなければならない

企業側には細心の注意と敬意が求められている(写真:Wachiwit/iStock)
フェイスブックやインスタグラムをはじめとするソーシャルメディアの発達により、ファンの活動がかつてないほど活発になっている。その一方で、企業が「ネット炎上」を起こしてしまうケースも数多く見受けられる。現代において、企業はファンとどのように向き合ったらよいのだろう? 『ファンダム・レボリューション――SNS時代の新たな熱狂』の著者、ゾーイ・フラード=ブラナー(同書はアーロン・M・グレイザーとの共著)が、これからのブランディングに不可欠な企業戦略を語る。

ファンが創ったスター、初音ミク

ソーシャルメディアの登場によって、作り手とファンの境目は消えつつある。いまや、プロダクトとファンのコミュニケーションは双方向になった。すべての創作物が公式作品の一部になるような未来が、すぐそこにある。

ファンの創作物がフィードバックされてプロダクトが作り上げられていった世界で初めての例が、初音ミクだ。

もしセレブに無限の時間と拡散力があり、ファンが制限なくそれにアクセスできるとしたら、どんなやり取りが交わされるのか、考えてみてほしい。愛好の対象物そのものが、ファンの手によってつねに生まれ変わることになるだろう。初音ミクは、その生きた事例だ。もしテイラー・スウィフトが、ティーンエージャーのファンの作った曲をすべて歌って、それをすぐにほかのファンに公開できたら、どれほどファンたちが熱狂するかは想像にかたくない。

初音ミクの生みの親はクリプトン・フューチャー・メディアだ。音楽業界とキャラクタービジネスの狭間の市場を一気にかっさらったのが、クリプトンだった。どちらの業界もしゃかりきに著作権を守ろうとするなか、クリプトンはファンたちにミクというキャラクターとその音楽を、できるだけ遠くまで広く拡散してもらうことに励んだ。

その結果、ファンがほとんどすべての創作を行う世界が生まれた。ファンたちはミクのストーリーを書き、絵を描き、曲を作った。アマゾンやiTunesには何十万点ものミク関連作品がある。

次ページ初音ミクの面白さ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。