大谷翔平の「二刀流」はメジャーで通用するか

成功するために必要なことは何なのか?

「ピッチャー大谷」としては、150イニング以上投げて、防御率2点台。これが、求められる数字ではないかと思います。

ピッチングにおいて大谷選手の課題になりそうなのは「安定感」です。英語では「コンシステンシー」といいますが、ダルビッシュ選手や田中選手など、日本で抜群のコンシステンシーを誇っていた選手もメジャーリーグでは苦戦しています。下位打線でも長打を打つこと、膨大なデータによってすぐに研究されることが、日本人ピッチャーを苦しめています。 

メジャーリーグでは特に高いコンシステンシーを誇るピッチャーが一番手、二番手になっていくので、その要素は大谷選手も今後絶対に求めていかなくてはなりません。

これまでの大谷選手は二刀流でプレーしてきたこともあり、現時点ではまだコンシステンシーを極めきれていません。日本での最終登板で見せたピッチングはメジャーリーグのエース級なので、あのレベルをつねに安定して見せられる技術力を身に付ければ、一番手、二番手のピッチャーになれると思います。

二刀流成功に必要なこと

バッティングに関しては、大谷選手の飛距離はメジャーリーグでもトップクラスに入るのではないかと思います。バットコントロール、縦変化への対応力のもろさはまだありますが、メジャーリーグで大事なのは球の緩急にどれだけ対応できるかであり、その能力に関して彼は非常に長けています。

大谷選手のバッティングであえて欠点を挙げるとしたら、能力が高いゆえにその能力だけに頼っていて、配球の読みが甘いところでしょう。とはいえ、配球の読みはもう少し経験が必要なので、成長段階の今から求めてしまうのは早すぎるかもしれません。技術、体力、思考と、すべてにおいてまだ伸びしろがあるので、そこは楽しみにしておきたいと思います。

『メジャーリーグ 世界一の組織と選手たち 誰も歩んだことのない道で何が待っているのか』(日本文芸社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ピッチャーとしてだけの挑戦であれば、半年もすれば水に慣れて、1年目のシーズンで15勝くらいは十分できるだろうと思います。ただ、二刀流に挑戦するとなると登板数も減るので、その分勝つチャンスも減ります。

また、バッティングについては、メジャーリーガーの速球をいきなり攻略できるとは思えないので、ある程度時間が必要ではないかと感じます。

二刀流で活躍できるのかはもちろん本人の頑張り次第ですが、それ以上に大谷選手がどれだけ低迷してもチームが我慢して使えるかどうか、それが大きな鍵となるでしょう。

先発ローテーションなら3番目以降、打順は6番以降であまりプレッシャーを与えない環境をつくることも大事かもしれません。

僕の個人的な見解ですが、二刀流での成功を期待するのであれば、「3年経ってどの程度の成績を残せているか」という長い目で見てもよいのではないかと思います。とはいえ、水に慣れさえすれば1年目でブレークの可能性もゼロではありません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。