米「つなぎ予算」が失効、政府機関が一部閉鎖

上院で合意に至らず

 1月20日、米共和・民主両党は午前0時までにつなぎ予算で合意できず、予算失効で一部政府機関の閉鎖に追い込まれた。写真はワシントンの議会議事堂(2018年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 20日 ロイター] - 米共和・民主両党は20日午前0時までにつなぎ予算で合意できず、予算失効で一部政府機関の閉鎖に追い込まれた。

上院では19日深夜に予算採決動議を否決した。動議可決には60票が必要だが移民政策などで歩み寄りがみられず民主党議員の大半が反対、動議への賛成は50票にとどまった。

上院共和党のマコネル院内総務、民主党のシューマー院内総務の協議は不調におわり、つなぎ予算が失効した。両者は合意に向け引き続き努力するとしている。

トランプ大統領は今回の事態に民主党を非難。政府機関が再び稼働するまで移民問題で協議しないとしている。一方、シューマー院内総務は非は大統領にあると述べた。

与野党幹部は20日に協議を再開することで一致、早期合意に向けた努力も確約した。ただ年内に中間選挙を控えて政治的失点を避けたいとの思惑も強く、妥協に向けた機運はしぼんでいる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT