マイペース「一人っ子」との上手な付き合い方

何かを頼むときは「やり方は任せるよ」が有効

3 謝るとき:本当にごめん

一人っ子は、すべての行動において悪気がありません。そのため、相手の行動に対しても悪く取らない傾向があります。「ほんとは反省してないんじゃないか」と疑ったり、「誠意が足りない」と冷ややかな視線を向けたりはしない。ですから、ここでの正解は許してくれるまで、シンプルに「ごめん」「本当にごめん」と謝り続けることとなります。下手に言葉を重ねるよりも、いっそのこと土下座でもしたほうが効果的です。

4 慰めるとき:ツイてなかったね

落ち込んでいる一人っ子にかける言葉としては、シンプルに「元気出しなよ」でもいいのですが、ここは「ツイてなかった」「運が悪かっただけだから気にしなくていいよ」といった第三者目線を導入すると効果的。変な人間関係にとらわれない分、「自分のせいでもないし、人のせいでもない、仕方なかった」と頭を切り換えられれば、ケロッと元気を回復して前に進める健全なタフさを持っています。

5 誘うとき:気が向いたら来て

もともと自分のペースを乱されるのが苦手な一人っ子。“他人に合わせなくてはいけない場”というのはそれだけでストレスです。そんな一人っ子を誘うときは「気が向いたら来て」が定番にして鉄板。一見そっけないようですが、これは「あなたのペースを尊重します」というアピールでもあります。居心地がよさそうな場だと察知すれば、イソイソと来てくれるはずです(すぐに帰ってしまうかもしれませんが)。

6 口説くとき:私のことどう思ってる?

他人の言動や思惑に関心がない一人っ子相手に、駆け引きやモテるためのテクニックは通用しません。そもそも、相手の視界にすら入ってない場合もあるでしょう。そんな一人っ子を口説くには「私のこと、どう思ってる?」というセリフでまず、意識させること。そう聞かれると「えっと、どうだろう……?」と考え始めるのが、一人っ子のまっすぐさ。急に異性として意識し始めることでしょう。

一人っ子のやる気を、他人が引き出すのは至難の業

7 頼むとき:やり方は任せるよ

『"生まれ順"でまるわかり! 一人っ子ってこんな性格。』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

自分基準で動く一人っ子のやる気を、他人が引き出すのは至難の業。効果的なのは「自由にやって」と丸投げしてしまうことで、そうすれば「自由だ!」とやる気を出してくれるはずです。しかし、これでは少々心許ないでしょう。自由にやり過ぎて暴走されても困ります。「期日は○日まで。やり方は任せる」「おおむねこの方向で。あとは任せる」など裁量の範囲をしっかり区切るのも一案です。

8 断るとき:先約がある

一人っ子は、行きたくなければ人の誘いをあっさり断ります。その代わり、自分の誘いがさくっと断られてもまったく傷つきません。「先約があります」「その日は行けない」と言われれば、「オッケー」と納得して本当に引きずらないのです。“人付き合いの常識”なんてものを参考に、申し訳なさそうにしたり、丁寧に言い訳したりしても意味はないどころか、「変な人……」と避けられてしまうでしょう。

頭ではわかっていても、なかなか納得することのできない「人づきあいの真髄」に気づくことのできる奥深いテーマ、それが「生まれ順」なのです。この記事を通じて、あなたの日々の人間関係が少しでもスムーズになることを心から祈っています!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。