ソフトバンク、携帯事業上場も「1つの選択肢」

「正式に決定した事実はない」とコメント

 1月15日、ソフトバンクグループは通信子会社のソフトバンクを上場させる方向で検討していることがわかった。関係者が明らかにした。早ければ年内の東証1部上場を目指す。都内で2015年撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 15日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>は通信子会社のソフトバンクを上場させる方向で検討していることが15日、わかった。関係者が明らかにした。早ければ年内の東証1部上場を目指す。

ソフトバンクはNTTドコモ<9437.T>、KDDI(au)<9433.T>と並ぶ国内携帯電話大手の一角。時価総額はドコモが10兆円超、KDDIが7兆円超で、支配権を維持したまま上場させると、ソフトバンクGの調達額は2兆円を上回る可能性がある。

ただ、ソフトバンクが上場すれば、いわゆる「親子上場」となり、ガバナンス上の問題を指摘する声も出ている。

ソフトバンクグループは15日午前、上場報道について「ソフトバンクの株式上場も選択肢の一つだが、正式に進めることを決定した事実はない」とのコメントを発表した。

(志田義寧 編集:田巻一彦)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。