日本電産の東洋電機TOB提案、裏側には永守流“したたかさ”も

日本電産の東洋電機TOB提案、裏側には永守流“したたかさ”も

東洋電機製造に対するTOB(株式公開買付)を通じて、鉄道機器用モーターに本格参入をもくろむ日本電産。16日に行われた会見で、日本電産の永守重信社長は「鉄道機器事業は非常に将来性が高いビジネス」と、マーケットの高い将来性を参入の理由としてあげた。

日本電産は、世界の鉄道市場が約16兆円、その部品市場が約4兆円と試算している。既存マーケットが巨大なだけでなく、「石油価格の高騰や環境問題への対応で、鉄道モーターの必要性が前倒しのところにきている」と永守社長は説明する。欧米の車両メーカーを中心に環境面への対応が急速に求められていることから、同社が手掛ける省エネタイプのモーター(=ブラシレスモーター)の参入余地が充分にあると見ているようだ。また、同社は現在自動車分野の事業を拡大していることもあり、「自動車と鉄道分野の技術が共有できる」と、技術面でもシナジー効果があると判断した。
 
 永守社長は鉄道モーターに10年以上前から興味を持っていたが、鉄道分野への参入は当面先になるとの見方があった。6月24日に開催された株主総会後の記者会見でも次のように語っている。「(売り上げ目標を2012年度3500億円とする)自動車分野の育成が先決。鉄道分野への参入は、その後になるでしょうね」。

では、なぜ、このタイミングで東洋電機製造に買収を提案したのか。永守社長は16日の会見で「タイミングについては、いい時期にきている」とした。この言葉の真意は、東洋電機側の環境に隠されている。

東洋電機は原材料価格の高騰などにより収益力が低下している。目下のところ、今09年5月期を最終年度とする中期経営計画を進行中だが、計画目標である営業利益45億円には大きく届かない厳しい状況だ(営業利益は08年5月期実績が13.9億円、09年5月期会社予想が20億円)。3年前には800円を超えていた株価も業績と並行して下降線の一途で、12日時点では終値305円と低迷していた。

日本電産は今回のTOB価格を305円から2倍以上の635円に設定しているが、全株式を取得しても約300億円に過ぎない。業績が絶好調のうえ、手元資金1000億円を誇る同社にとっては、「安い買い物で、株価の低い今が買い時」と判断したとしてもおかしくはないだろう。

マーケットの流れを見据えながら、買収側の経営環境を的確に見極める。今回の買収提案の裏側には、永守社長流の“したたかさ”が隠されている。

(梅咲恵司 =東洋経済オンライン)

>>>関連記事 日本電産の東洋電機TOB提案、買収方針に大きな変化

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT