リピーター定着「或る列車」飽きさせない秘密

登場から今年で3年、新たな仕掛けは?

JR九州の観光列車「或る列車」(撮影:今井康一)
2018年がはじまりました!皆さまいかがお過ごしでしょうか? 久しぶりの「鉄道会社に直撃インタビュー」は、昨年1年間の取材や旅の中で、念願叶ってようやく乗ることができたJR九州の「或る列車」についてお届けします。2015年のデビュー以来、鉄道ファンのみならず多くのお客様を楽しませてきたスイーツトレイン。「ななつ星in九州」を彷彿させるゴージャスな車両にこだわりのコース料理、そして一流のサービス。さぞ”敷居の高い”列車なのだと思っていたのですが、いざ取材してみると……!?
今回は、そんな新しい時代の観光列車「或る列車」が走ってきた軌跡を辿るべく、九州旅客鉄道(JR九州)鉄道事業本部営業部営業課の山口哲矢さんにお話を伺いました。

7~8回乗ったリピーターも

――「或る列車」に試乗しましたが、ため息が出るほど洗練されたスイーツの数々にそれを演出する空間で、何から何まで「ななつ星in九州」クラス。そんな「或る列車」の要となるメニューは、どのように決めているのですか?

この連載の記事一覧はこちら

九州(沿線)のこだわりの生産者さんの食材を使って、月替わりで決めています。監修は東京・南青山のレストラン「NARISAWA」のオーナーシェフ成澤由浩氏です。自然環境をテーマにした料理をつくり続けることで有名な成澤さんに、九州の沿線食材を活かしたアレンジを考案して頂いています。

――コース料理はお弁当箱から始まって、4種のデザート。さらに飲み放題のドリンクも宮崎のスパークリングワインに、日向夏のジュース、ミネラルウォーターまで地元のものを用意するなど徹底されています。月替わり提供は大変だと思いますが、そこにこだわるのはリピーターの方にも対応できるようにという心配りですか?

詳しい統計をとってはいないのですが、最近では1便につき1~2組程度リピーターの方がいらっしゃるので、その対応も含めてです。多い方だと、すでに7〜8回ほどご乗車頂いていますので、背筋が伸びますね。半分くらいは九州外のお客様ですが、運行ルート沿線の福岡や大分からのお客様も多数いらっしゃいます。

次ページサプライズのサービスもある?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT