NYダウが最高値更新、2万5000ドル突破

わずか1年足らずのうちに5000ドルも上昇

 1月4日、米国株式市場は上昇して取引を終えた。写真はNY証券取引所のトレーダー(2018年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米国株式市場は上昇して取引を終えた。ダウ工業株30種が初めて2万5000ドルを突破したほか、その他主要指数も終値で最高値を再び更新した。世界的に経済指標が堅調となっていることに後押しされた。

ダウは1年足らずで2万ドルから2万5000ドルに到達。指数の算出が始まった1896年5月以降では最も速いペースで5000ポイントを上乗せた形だ。

世界的に製造部門やサービス部門の動向を示す指標が堅調となったほか、企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが発表した昨年12月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が25万人増と、3月以来の大きな伸びを示した。

プルデンシャル・ファイナンシャルのチーフ市場ストラテジスト、クインシー・クロスビー氏は「(年内にどこかの時点で)ボラティリティーが市場に戻り、市場を押し下げるとの見方があるものの、経済が成長し、企業業績が伸びる限りは底堅いだろう」と述べた。

投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)<.VIX>は9.22で終了。同指数はここ数カ月、過去最低水準で推移している。

4日のS&P500指数の上げは金融株が主導。ウェルズ・ファーゴ<WFC.N>が1.3%高、JPモルガン・チェース<JPM.N>が1.4%高、ゴールドマン・サックス<GS.N>も1.4%高。

キーフ・ブリュイエット・アンド・ウッズのトレーディング責任者、RJ・グラント氏は「銀行に関して非常にポジティブなノートが複数あったため、金融株は上向きとなった」と述べた。

S&P500指数を構成する企業の四半期決算発表が近く始まる。JPモルガンは来週に発表を予定している。

半面、下着ブランド「ビクトリアズ・シークレット」などを傘下に持つファッションブランドのLブランズ<LB.N>が12.3%安。軟調な四半期利益見通しを受けた。

百貨店メーシーズ<M.N>は3.3%安。年末商戦の売り上げが小幅な伸びにとどまったほか、年内に複数の店舗を閉鎖し、人員削減を実施すると発表したことが手掛かり。

JCペニー<JCP.N>といったその他の百貨店株も軟調。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.46対1の比率で上回った。ナスダックでは1.50対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は約70億株。トムソン・ロイターのデータによると、直近20営業日の平均は63億株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25075.13 +152.45 +0.61 24964.86 25105.96 24963.27 <.DJI>

前営業日終値 24922.68

ナスダック総合 7077.92 +12.38 +0.18 7089.50 7098.05 7072.38 <.IXIC>

前営業日終値7065.53

S&P総合500種 2723.99 +10.93 +0.40 2719.31 2729.29 2719.07 <.SPX>

前営業日終値2713.06

ダウ輸送株20種 10854.55 +33.81 +0.31 <.DJT>

ダウ公共株15種 700.52 -6.00 -0.85 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1317.24 +7.38 +0.56 <.SOX>

VIX指数 9.22 +0.07 +0.77 <.VIX>

S&P一般消費財 804.02 +2.56 +0.32 <.SPLRCD>

S&P素材 390.73 +3.24 +0.84 <.SPLRCM>

S&P工業 650.89 +4.87 +0.75 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 585.34 +1.51 +0.26 <.SPLRCS>

S&P金融 470.51 +4.37 +0.94 <.SPSY>

S&P不動産 199.38 -3.49 -1.72 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 554.51 +3.29 +0.60 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 978.47 +0.94 +0.10 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 163.79 +0.96 +0.59 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1139.40 +5.41 +0.48 <.SPLRCT>

S&P公益事業260.73 -2.29 -0.87 <.SPLRCU>

NYSE出来高8.95億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 23670 + 260 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限円建て 23635 + 225 大阪比 <0#NIY:>

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。