ベトナム格安航空「ビキニカレンダー」の波紋

好きな服装をする自由を象徴するもの?

 12月28日、ベトナムの格安航空会社、ベトジェットエアは、ビキニ姿の女性を登場させ議論を呼んでいる同社の来年のカレンダーについて、好きな服装をする自由を象徴するものだとして擁護した(2017年 ロイター/Kham)

[ハノイ/シンガポール 28日 ロイター] - ベトナムの格安航空会社、ベトジェットエア<VJC.HM>は28日、ビキニ姿の女性を登場させ、議論を呼んでいる同社の来年のカレンダーについて、好きな服装をする自由を象徴するものだとして擁護した。

2018年のカレンダー

同社の創業者で最高経営責任者(CEO)のグエン・ティ・フォン・タオ氏はベトナム初の女性億万長者で、世界でも数少ない主要航空会社の女性経営者の一人。同氏はカレンダーについて、誰でも好きな服装をする選択の自由を示すもの、と述べている。

同社の「ビキニカレンダー」はネット上で話題を集め、 客室乗務員や職員たちの過度に性的なイメージを強調しているとの批判が相次いでいる。

マネジング・ディレクターのリュウ・ドゥック・カインはロイターの取材に対し「人々が我々をビキニのイメージで捉えても構わない。人々が楽しくハッピーになれば、我々もハッピーだ」とメールで回答した。また、CEOの見解については「人々はビキニでもアオザイでも好きな服装をする権利があるとCEOは考えている」と説明した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?