芸能人格付けチェックをつい見てしまう理由

「新春かくし芸大会」なき今、元日のエースに

今回のチェックは、「ワイン」「和楽器」「味覚」「三重演」「盆栽」「牛肉」の6つ。

ワインは、「1本100万円クラスのビンテージ」と「1本5000円のテーブルワイン」

和楽器(琴・尺八・三味線)は、「プロの和楽器奏者『日本音楽集団』」と「アマチュアの和楽器サークル『関東学生三曲連盟』」

味覚は、「ミシュラン常連など超有名店の高級素材」と「絶対アカン食材」

三重奏(ヴァイオリン・チェロ)は、「総額39億円の世界的名器」と「総額80万円の初心者用楽器」

盆栽は、「内閣総理大臣賞などの受賞暦を持つ作家の1億円」と「餅やあんこで作ったお菓子の盆栽」

牛肉は、「神戸牛ステーキ(100グラム1万7500円)」と「スーパーの牛肉ステーキ(100グラム 680円)」

いずれも両者の間には、これ以上ないほどの格差がありますが、見る側として心得ておきたいのは、決して「どちらが美味しいか、どちらが素晴らしいか」ではないこと。当然ながら「高ければいい」と言うわけではないですし、「庶民的な価格の肉やワインが好き」という人も多いでしょう。

親子で視聴するときは、子どもに「人の価値観はそれぞれであり、番組はあくまで『一流の芸能人は高級品を知っているもの』というコンセプトで作られている」ことを伝えたほうがいいかもしれません。その意味でも、やはり気軽にゲーム感覚で楽しみたい番組なのです。

お笑いファン垂涎の「大予選会」にも注目

最後にふれておきたいのは、私が本編以上に楽しく見ている「大予選会」(元日16時~17時30分に放送)。ダチョウ倶楽部、FUJIWARAらのベテランから尼神インター、ガンバレルーヤなどの若手まで12組の芸人コンビが本編への出場権1枠を賭けて過酷な戦いを繰り広げます。

特に不正解時の罰ゲームは、爆破あり、落下あり、カースタントありの過激さ。かつてカルト的な人気を集め、現在では放送不可能と言われる「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」(日本テレビ系)を彷彿とさせ、お笑いファンの間では「これを見ないと正月が来た気がしない」とまで言われる元日の風物詩となっているので、ぜひチェックしてみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT