仏壇のはせがわがイオンにまで出店するワケ

カリモク家具ともコラボ、「仏壇革命」を狙う

埼玉県久喜市のSC「モラージュ菖蒲」に出店したはせがわの新型店舗「こころのアトリエ」。縁起物や和雑貨を取り扱う(写真:はせがわ)

さらなる挑戦的な試みも始めている。「アイ・ラブ・ユーは、かたちにできる」をキャッチフレーズに縁起物や和雑貨を取り扱う、はせがわとしてはまったく新しい店舗「こころのアトリエ」だ。現在は、横浜市港北区のトレッサ横浜と埼玉県久喜市のモラージュ菖蒲と、いずれもSCに2店舗を展開している。

「仏壇を置かない」店も作る

はせがわの江崎徹社長は顧客ニーズの多様化を受け、新型店舗の開発を積極的に進めている(写真:尾形文繁)

「今はまだ実験段階なので仏壇も若干ながら置いているが、祈りや願い、感謝をコンセプトにアイテムを充実させ、これまでの仏壇店とは異なる新業態を確立していきたい」と江崎社長は話す。仏壇最大手のはせがわが「仏壇を置かない店」を作ろうとしているのだ。これも時代の変化、顧客ニーズの多様化への対応策といえるだろう。

2016年から現職の江崎社長は、同社初の生え抜き社長だ。その江崎社長は経営のテーマとして「レボリューション」を掲げる。「これまで培ってきたブランド力、顧客からの信頼を守ると同時に、固定観念にとらわれず自由な発想で事業を変革していきたい」と江崎社長の思いは熱い。「仏壇革命」への道を、はせがわは走り始めた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT