太陽光のゴウダに大型書店がある深い理由

400坪の広さに蔵書数20万冊!

メーカーの本社ビルというよりも…?(写真:ゴウダ)

JR茨木駅でタクシーに乗って「ゴウダに行ってください」と言うと、皆さん、よくご存じです。着いた先は、メーカーの本社ビルというより、カルチャーセンターのたたずまい。地域では「ゴウダC&Eビル」の名で親しまれています。

「地域の皆様に支えられてわれわれがあります。本社ビルを建てるにあたり、皆様にどんな施設が欲しいか、とアンケートを募りました」

北摂最大級の大型書店も運営

大きい本屋が欲しい、クリニックがあればありがたい、多目的ホールは備えられないか。地域への恩返しと、できるだけ要望に応えられるような建物を造りました。C&Eは、カルチャー&エンターテインメントの略。北摂・茨木から文化を発信する一大拠点を、2007年3月にグランドオープンさせました。

1~2階の本屋は400坪の広さに蔵書数20万冊。文具、雑貨、CD、DVDレンタルも備えた北摂最大級の大型書店です。3階にはクリニックが入り、また150名収容の多目的ホールもあります。映画、ジャズコンサート等、随時イベントが開催され、市民の憩いの場となっています。

ちなみに本屋では、パッケージ部門の社員が勉強して売り場に立っています。社員の方も、まさかパッケージを売らずに本を売るとは、と戸惑ったと思いますが、今ではお客様の問い合わせや、子ども向け定例イベント(毎月第3日曜日に絵本、童話などを読み聞かせる活動)の準備に充実した日々を送っています。

合田社長は、長年の印刷紙器・段ボール業界および住宅建材業界への貢献により、黄綬褒章を受賞(写真:ゴウダ)

合田社長は、長年の印刷紙器・段ボール業界および住宅建材業界への貢献により、2010年に黄綬褒章を受賞されました。また地元からの期待も大きく、4年前から茨木商工会議所会頭も務めています。事業をやって儲ける、だけではなく、業界や地域のために動くと結果としてビジネスも育つ。まさに有言実行です。

いつ会っても明るい合田社長。その明るさが、平均年齢30歳の若い会社を未来に向けてさらに引っ張っていくことでしょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT