北朝鮮の兵士1人、軍事境界線を越えて亡命

韓国軍は北朝鮮軍に対し約20発の威嚇射撃

 12月21日、韓国国防省の当局者は、北朝鮮兵士1人が同日朝、韓国に亡命したと明らかにした。写真は軍事境界線を挟んで韓国側を見つめる北朝鮮兵。11月に板門店で撮影(2017年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 21日 ロイター] - 韓国軍は21日、南北間の軍事境界線を越えた亡命者を捜索していた北朝鮮軍に対し、約20発の威嚇射撃を行った。韓国の聯合ニュースが報じた。

韓国の合同参謀本部の報道官はこれより先、北朝鮮の階級の低い兵士1人が21日朝、韓国に亡命したことを明らかにした。

この兵士は南北軍事境界線を日本時間午前8時04分ごろに越えた。兵士への発砲はなかったという。

ロイターは現時点で、韓国軍の威嚇射撃に関する聯合ニュースの報道を確認できていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。