トヨタが「エンジン車のみ」をゼロにする意味

2025年までに全車種をHV、EV等電動車に転換

 12月18日、トヨタ自動車は、世界で販売する全車種について、2025年頃までにハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)といった電動専用車もしくはHV、PHV、EVなどの電動グレード設定車にすると発表した。写真は同社のロゴ。ロサンジェルスで11月撮影(2017年 ロイター/Mike Blake)

[東京 18日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は18日、世界で販売する全車種について、2025年ごろまでにハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)といった電動専用車、もしくはこうした電動グレード設定車にすると発表した。この結果、エンジン車のみの車種はゼロとなる。

EVについては、20年代前半に10車種以上に増やすことも明らかにした。20年の中国を皮切りに、日本、インド、米国、欧州の各市場へ順次投入し、トヨタと高級車ブランド「レクサス」の両ブランドで世界展開する。

「アクセルを踏んだ」

トヨタは13日、世界販売に占める電動車の比率を現在の15%程度から30年に50%以上へ引き上げる方針を表明。電動車を約150万台から550万台以上に増やし、このうち、ゼロエミッション車のEV、FCVは計100万台以上とする目標を掲げた。

寺師茂樹副社長は18日に開いた説明会で、この目標達成には「電池だけで研究開発、設備投資含めて1.5兆円規模の投資が必要になる」と説明し、約1.5兆円のうち「半分以上は電池を作るための投資にかかると思う」と述べた。13日に併せて発表した電池分野でのパナソニック<6752.T>との提携で目標達成に向けて「アクセルを踏んだ」と語った。

(白木真紀)

人気記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。