トヨタが「エンジン車のみ」をゼロにする意味

2025年までに全車種をHV、EV等電動車に転換

 12月18日、トヨタ自動車は、世界で販売する全車種について、2025年頃までにハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)といった電動専用車もしくはHV、PHV、EVなどの電動グレード設定車にすると発表した。写真は同社のロゴ。ロサンジェルスで11月撮影(2017年 ロイター/Mike Blake)

[東京 18日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は18日、世界で販売する全車種について、2025年ごろまでにハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)といった電動専用車、もしくはこうした電動グレード設定車にすると発表した。この結果、エンジン車のみの車種はゼロとなる。

EVについては、20年代前半に10車種以上に増やすことも明らかにした。20年の中国を皮切りに、日本、インド、米国、欧州の各市場へ順次投入し、トヨタと高級車ブランド「レクサス」の両ブランドで世界展開する。

「アクセルを踏んだ」

トヨタは13日、世界販売に占める電動車の比率を現在の15%程度から30年に50%以上へ引き上げる方針を表明。電動車を約150万台から550万台以上に増やし、このうち、ゼロエミッション車のEV、FCVは計100万台以上とする目標を掲げた。

寺師茂樹副社長は18日に開いた説明会で、この目標達成には「電池だけで研究開発、設備投資含めて1.5兆円規模の投資が必要になる」と説明し、約1.5兆円のうち「半分以上は電池を作るための投資にかかると思う」と述べた。13日に併せて発表した電池分野でのパナソニック<6752.T>との提携で目標達成に向けて「アクセルを踏んだ」と語った。

(白木真紀)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT