世界一急勾配の登山電車、スイスで運行開始

高低差743メートル、運行開始は12月17日から

 12月14日、スイスで世界一急勾配の登山電車が運行を開始する。写真は同国シュトースで13日撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 14日 ロイター] - スイスで世界一急勾配の登山電車が運行を開始する。中部都市シュビーツと海抜1300メートルの山岳村落シュトースを結ぶ路線で、総工費は5200万スイスフラン(約59億円)。

式典にはスイスのロイトハルト大統領が出席する。運行開始は17日から。

航路の高低差は743メートル

航路の高低差は743メートルで、走行距離は1738メートルだという。

たる型の車両は床が傾斜に適応する造りで、最大勾配110%の急斜面を走行中も乗客はまっすぐ立っていられるという。

鉄道の広報担当者は「この電車は設計と建設に14年を要した。皆誇りに思っている」と述べた。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT