世界一急勾配の登山電車、スイスで運行開始

高低差743メートル、運行開始は12月17日から

 12月14日、スイスで世界一急勾配の登山電車が運行を開始する。写真は同国シュトースで13日撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 14日 ロイター] - スイスで世界一急勾配の登山電車が運行を開始する。中部都市シュビーツと海抜1300メートルの山岳村落シュトースを結ぶ路線で、総工費は5200万スイスフラン(約59億円)。

式典にはスイスのロイトハルト大統領が出席する。運行開始は17日から。

航路の高低差は743メートル

航路の高低差は743メートルで、走行距離は1738メートルだという。

たる型の車両は床が傾斜に適応する造りで、最大勾配110%の急斜面を走行中も乗客はまっすぐ立っていられるという。

鉄道の広報担当者は「この電車は設計と建設に14年を要した。皆誇りに思っている」と述べた。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。