物流の巨人「佐川急便」が上場後に描く青写真

提携する日立物流との経営統合は実現するか

SGホールディングスの町田公志社長は「強みの企業間物流に付加価値をつけ伸ばしていく」と話す(撮影:梅谷秀司)

宅配業界2位の佐川急便を中核とするSGホールディングス(HD)は12月13日、創業60周年の節目に、東京証券取引所第1部への上場を果たした。町田公志社長は「アジアを代表する総合物流企業を目指し、より優秀な人材を引き付けたい」と語った。

初値は1900円と、公開価格の1620円を17%上回った。初値に基づく時価総額は6083億円。今年上場した銘柄としては最大となる。野村証券の広兼賢治アナリストは「これまで進めてきた宅配便の値上げが投資家に評価されたのでは」と分析する。

アマゾンとの取引を大幅に縮小

佐川は営業所の数がヤマト運輸の1割に過ぎず、宅配便の配達を外部の運送会社に委託するケースが多い。荷物が増えれば増えるほど費用が膨らむ構造だ。5年前には個数が増えても単価が下がる悪循環に陥った。

そこで2013年度から宅配便では数を追わず、採算重視に転換。アマゾンとの取引を大幅に縮小し、法人向け運賃にはコストをより的確に反映させるようにした。収益は急速に伸び、2017年度の営業利益は過去最高の580億円(前期比17%増)を見込む。

次ページ上場後の佐川の戦略とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT