大前研一「日本の政治家は目線が低すぎる」

矮小化した議論ではこの国は変わらない

現在の小選挙区制の選挙区当たりの平均有権者数は35万人で、これは市長選レベルに等しい。市長選レベルの小さな選挙区から出てくるから、目線が低くなって、地元への利益誘導が政治活動の中心になる。天下国家を論じたり、外交、防衛、経済といった日本の長期的な課題に向き合ったりする政治家が出てきづらいのだ。

議員になることが目的化して、「この国をこうしたい」という情熱とエネルギーを持った政治家が本当に少なくなった。小選挙区制の弊害についても国政レベルの議案にあげるべきときが来ている。

美しく衰退している日本という国は長期的な課題は山積みでも、実は緊急にやらなければならないことはほとんどない。ヨーロッパのように移民難民が大挙して押し寄せるわけでもなければ、中国やインドのような深刻な環境問題もない。待機児童対策が優先的な政策課題になるような国はほかにはないのだ。

優先順位が高い課題は抑止力を高めることと防災対策

私が思うに緊急課題は2つあって、1つは北朝鮮の核やミサイルをいかに防ぐか。抑止力をいかに高めるかである。もう1つは大地震など自然災害に対する備え。3・11クラスの大地震が大都市を襲った場合の防災対策はまだまだ不十分だ。国民の安全と安心を守るという観点からすれば、この2つの課題はきわめて優先順位が高い。

『大前研一 日本の論点 2018~19』(プレジデント社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

幸いなことにというべきか、この2つ以外に日本が緊急に壊れることはないから、政治が混沌としていても国家は機能する。極端なことを言えば、日本は完全自動運転ができる「レベル4」の自動運転車みたいなものだ。政治家というドライバーがいなくても自動運転で動く。

ただし、道路状況(時代状況)や天候などの走行環境(国際環境)によっては動けない。

国民の多くもそれが直感的にわかっているから、日本の長期的な国家ビジョンというものにあまりシンパシーを感じない。有権者がシンパシーを感じてくれないから、政治家もなかなか長期的な国家ビジョンに向き合おうとしない。

安倍一強の忖度政治でいや気がさしていた国民ではあるが、民進党の分裂と小池強権政治とを天秤にかけて今回は怒りを鞘に収めた。自動運転で動くなら課題も論点も必要ないかといえば、そうではない。日本はどんな状況下でも無人で自律的に走れる完全自動運転の「レベル5」ではない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT