やっぱりバブルの今を読み解くポイント7選

不動産神話の復活と過剰な貸し出しに注意だ

つまり私は、

「今のマネーバブルは少なくとも2030年ぐらいまで続く」

と見ているのです。

マネーバブルの大波は2回ある!

前回の日本列島を覆ったバブルは、大きな波、爆発的な高騰の波が1回では終わりませんでした。だから今回も波は1回では終わらないと予測できます。

第1次マネーバブルが2020年の東京オリンピック前後で1度ピークを迎え、その後、株の世界でいうところの調整局面にきっと入るはずです。

そして押し目が1度か2度入った後で、2030年前後を目標に第2次マネーバブルがやってくる。

今はまさに2020年へ続く第1次マネーバブルの途上なのです。

『マネーバブルで勝負する「10倍株」の見つけ方【2018年上半期版】資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! vol.5』(実務教育出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

この私の予測が重要な理由は、多くのアナリストや有識者たちは現在、東京オリンピック前後で景気のピークは終わると予測しているからです。

私の予測の裏づけの1つは、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の嶋中雄二さんの最新レポートです。

これを読むと、景気予測として2018年の日本の景気は非常によくなるとしています。設備投資も拡大しますが、2019年には一時失速。消費税増税などが足を引っ張る要因となり、2020年東京オリンピックの年は期待したほど景気は改善されない。

つまり東京オリンピック・パラリンピック需要を、市場としては2018年の年末までに織り込むだろう、と予測しているのです。2019年、2020年は調整期。しかし2019年から2021年までの3年のスパンで景気はいったん失速するものの、再び浮揚する。それは2022年前後だとしています。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT