トランプ大統領は追い詰められてはいない

ミュラー特別検察官の「中立性」に問題あり

その物議をかもしたツイッターは以下のとおり。誤解のないように原文で紹介する。

I had to fire General Flynn because he lied to the Vice President and the FBI. He has pled guilty to those lies. It is a shame because his actions during the transition were lawful. There was nothing to hide! 

和訳は以下のとおり。

「私はフリン将軍を解任しなければならなかった、なぜなら、彼は副大統領とFBIにうそをついたからだ。彼は、それらのうそに有罪答弁をした。それは情けないことだ。なぜなら、政権移行期の彼の行為は合法的だったからだ。隠すべきことではなかったのだ!」

そのツイッターを見た途端に、筆者は、これはトランプ大統領によって書かれたのでないとすぐにわかった。because(なぜならば)を繰り返す文章は、実務的なビジネス界で勝ち抜いてきたトランプ氏のものというより、抽象的で理屈っぽい世界にいる人のものだと直感した。

案の定、トランプ氏個人の弁護士の1人が名乗り出て、ラジオ放送にせよ、ほかのソースにせよ、名誉教授の意見を順に述べるだけでなく、フリン氏が副大統領にうそをついた話をつけ足して、ツイッターに仕上げたという内容のニュースが報じられた。

弁護士はすぐに謝罪

その弁護士は、すぐに謝罪した。ツイッターは、自分が書いてトランプ大統領のツイッターとして載せたという。この弁護士のような訴訟弁護士は、多かれ少なかれ、物事を覆いかぶせるように語る癖がある。その癖で名誉教授の言葉に、「副大統領」を付け加えてしまったのだ。

その筆の誤りの原因は、この訴訟弁護士の頭脳の回転速度が、使い慣れないツイッターの140字には到底収まりそうにないほどの猛スピードだったからではないか。長年、多くの訴訟弁護士と仕事をしてきた経験から、筆者にはそう思える。

今年2月、トランプ大統領は、フリン氏が副大統領に対して話した事柄が理由で、フリン氏を解任したと明快に言った。また、そのときのトランプ発言では、「I fired him」(彼を解任した)だった。弁護士のツイッター発言では、「I had to fire General Flynn」(フリン将軍を解任しなければならなかった)となっている。

次ページタフな持ち味が台なしに
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。