出口治明氏「69歳で大学学長へ転身」の舞台裏

ライフネットと立命館APU、実は似ている

出口治明氏が2018年1月から始める新たなチャレンジとは?(編集部撮影)
ライフネット生命の創業者である出口治明氏が2018年1月、大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学(APU)の学長に就任する。69歳にして実業界から異例の転身をする出口氏に抱負を聞いた。

ライフネットの仕事をしばらく続けるつもりだった

山田:今年6月にライフネット生命の取締役を退任しました。この時点で新しいチャレンジをするお考えがあったということでしょうか。

出口:まったくなかったですね。業務委託契約を結んでいるライフネットの仕事をしばらく続けるつもりでした。

ライフネットでは社長、会長をちょうど10年やって、売り上げ100億円の会社としました。営業キャッシュフローは40億円、契約件数は25万件ありますので、簡単にはおかしくならないっていうことがわかりましたし、ちょうど10年ってきれいなので、そこで退任を決めたのです。

僕の後任として30代の取締役2人を選んで取締役は退いた。会社の指名・報酬委員会からは「最高顧問で残ってください」と言われましたが、ガバナンスの観点から考えて、最高顧問って・・・。

山田:そういう肩書は嫌いでしょうね。

出口:ですからもう役職をいっさい辞退しました。今の名刺に刷ってある「創業者」というのは、称号でも役職でもなくてファクトです。

しかし、会社とは業務委託契約を結びました。しばらくは会社のPR、若い社員の教育の場である出口塾を「続けてください」と言われましたので。

山田:ライフネット生命を紹介する名刺代わりのカードを配る、というおなじみの宣伝も続けているわけですね?

出口:もちろん。今日もお配りしましょうか。こちらニューバージョンです、どうぞ。前の会社の仕事をここでするのも変なんですけど。

山田:業務委託契約は12月末で切れるんですか。

出口:はい。本来は1年契約だったのですが、今回急にこういうお話をいただいたので、会社と相談して業務委託契約を12月末に終了するということになりました。1月からは別府に引っ越して頑張るつもりでいます。

次ページ2、3年は会社をサポートするつもりだった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT