出口治明氏「69歳で大学学長へ転身」の舞台裏

ライフネットと立命館APU、実は似ている

出口治明氏が2018年1月から始める新たなチャレンジとは?(編集部撮影)
ライフネット生命の創業者である出口治明氏が2018年1月、大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学(APU)の学長に就任する。69歳にして実業界から異例の転身をする出口氏に抱負を聞いた。

ライフネットの仕事をしばらく続けるつもりだった

山田:今年6月にライフネット生命の取締役を退任しました。この時点で新しいチャレンジをするお考えがあったということでしょうか。

出口:まったくなかったですね。業務委託契約を結んでいるライフネットの仕事をしばらく続けるつもりでした。

ライフネットでは社長、会長をちょうど10年やって、売り上げ100億円の会社としました。営業キャッシュフローは40億円、契約件数は25万件ありますので、簡単にはおかしくならないっていうことがわかりましたし、ちょうど10年ってきれいなので、そこで退任を決めたのです。

僕の後任として30代の取締役2人を選んで取締役は退いた。会社の指名・報酬委員会からは「最高顧問で残ってください」と言われましたが、ガバナンスの観点から考えて、最高顧問って・・・。

山田:そういう肩書は嫌いでしょうね。

出口:ですからもう役職をいっさい辞退しました。今の名刺に刷ってある「創業者」というのは、称号でも役職でもなくてファクトです。

しかし、会社とは業務委託契約を結びました。しばらくは会社のPR、若い社員の教育の場である出口塾を「続けてください」と言われましたので。

山田:ライフネット生命を紹介する名刺代わりのカードを配る、というおなじみの宣伝も続けているわけですね?

出口:もちろん。今日もお配りしましょうか。こちらニューバージョンです、どうぞ。前の会社の仕事をここでするのも変なんですけど。

山田:業務委託契約は12月末で切れるんですか。

出口:はい。本来は1年契約だったのですが、今回急にこういうお話をいただいたので、会社と相談して業務委託契約を12月末に終了するということになりました。1月からは別府に引っ越して頑張るつもりでいます。

次ページ2、3年は会社をサポートするつもりだった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT