「ペッパー」開発者が古巣に突きつけた挑戦状 革新機構も出資、調達額は計約80億円に

拡大
縮小

未来創生ファンドは独立系投資会社のスパークス・グループが運営するファンドで、ほかにトヨタ、三井住友銀行が出資する。官民ファンドのINCJは、シャープへの出資など再生ファンドのイメージが強いが、出資件数ベースでは78%(2017年9月末)がアーリーステージ/ベンチャーへの出資だ。

肝心のロボットは「まだお見せしない」

スパークス・グループ、産業革新機構との会見でも、ロボットの具体的な内容は明かされなかった(記者撮影)

4日の会見で、林氏はロボットの開発について「当初の計画に対してオントラック(=計画通り)に進んでいる」と話した。しかしロボットの実物はなく、顔のようなものがイラストで見せられただけ。しかもこの顔らしきものすら「大きくは変わらないと思うが最終形ではない」(林氏)。大きさについても「ソニーのアイボより大きく、ペッパーよりは小さい」(同)と随分と幅がある。

「動くのか、それとも据え置き型なのか」「プログラムを公開して他社がアプリを開発できるようにするのか」などの質問に、林氏は「お楽しみに」と繰り返すばかりだった。価格については、言葉を選びながら「ハイエンドなAI技術を用いるので、ものすごく安いということにはならない」とだけ語った。

「ラブとロボットを掛け合わせた新世代家庭用ロボット『LOVOT』の開発をしている」「癒しを与える、やる気を与えるロボット」と言われても、ロボットの具体的なイメージを持つことは難しい。

「飽きられたくない」との理由から、開発中のロボットは出資者以外には非公開だ。「出資したい」と言われたことがないため、古巣の孫社長にもまだ見せていない。ただ、試作品を見せられた出資者は一様に「グルーブXと同じような開発をやっているロボットベンチャーは世界に1社もない」と口をそろえるという。

林氏は開発で一切妥協はしていないと繰り返す。「世界でも見たことのないようなモーターが(ロボットの中で)回っている。下町ロケットですかね」(同氏)。

実際のロボットのお目見えは2018年秋、サービス開始は翌2019年となる見通しだ。妥協せずにおよそ100億円かけて作る「癒しロボット」は稀代のベンチャー起業家であるイーロン氏、さらに孫氏を仰天させるほどのものとなるか。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT