「ペッパー」開発者が古巣に突きつけた挑戦状

革新機構も出資、調達額は計約80億円に

東京・汐留に突如現れた巨大な顔。ペッパーの生みの親がソフトバンクに出した挑戦状である(記者撮影)

ソフトバンクグループのヒト型ロボット「ペッパー」の生みの親が、古巣に"挑戦状"を出した。ロボットベンチャーのグルーブXは12月4日、東京・汐留に大きな広告を掲出した(同日から1カ月間の期間限定)。JRや東京メトロの新橋駅からソフトバンクグループ本社に向かうためには必ず通る地下道の中。嫌でも目に入る位置である。

イーロン・マスク氏にも猛烈アピール

「2018秋 COMING!」「LOVE X ROBOT=LOVOT」「いま世界に必要なのは、ロボットじゃないのかもしれない。けれど、、、」――。書いてあるのはこの3つだけだが、小さく書かれた社名を見て、ソフトバンク関係者でピンとこない人はいないだろう。グルーブXはペッパーの生みの親、林要氏が立ち上げたベンチャー企業だからだ。

林氏の猛烈なアピールの矛先は古巣にとどまらない。同じ4日には米国のロサンゼルスで、イーロン・マスク氏が率いる宇宙開発ベンチャー、スペースXの本社前に4週間限定で看板を立てた。

“Dear Elon, Our ambition is mashi-mashi as yours.” 

ややワイルドに訳せば、「大好きなイーロン様。僕らの野望はあなたと同じで『増し増し』だぜぃ」といったところか。

「増し増し」とは、ラーメンチェーン「ラーメン二郎」の注文の仕方の一つで、主にトッピングに使う。例えば「大ダブル、野菜多め、ニンニク増し増し、脂ギットン」といえば、「大盛りでチャーシュー2倍、野菜大盛り、ニンニクは2倍、スープの背脂多め」という意味だ。

次ページなぜ「増し増し」なのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。