好奇心と運の強いヤツだけが一流になれる!

特別対談 松本大×三田紀房(その1)

「子供たちが運用する」という設定の面白さ

松本:三田さんは今、「インベスターZ」という連載を描かれていますよね。あの発想はどこからきたのですか。

三田紀房(みた・のりふさ)
漫画家
岩手県生まれ。大手百貨店勤務などを経て、30歳で漫画家デビュー。高校野球を監督の視点から描いた『クロカン』や、『甲子園へ行こう!』で人気作家に。東大合格請負漫画『ドラゴン桜』は、2005年7月にテレビドラマ化され、同年、第29回講談社漫画賞(一般部門)、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。2010年1月、『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』がテレビドラマ化。2013年6月より『モーニング』にて『インベスターZ』の連載をスタート。
公式Facebookページ:
http://facebook.com/mitanorifusa
オフィシャルサイト: http://mitanorifusa.cork.mu

三田:高校野球で甲子園の常連校になっている学校に取材をしたときに思いつきました。取材が終わってから、野球チームの監督さんたちと一杯やっていたのですが、そのとき、彼らがこう言うんですよ。「三田さん、うちはこれだけ高校野球で有名なんだけど、それでも学校経営は苦しいんですよ」ってね。たぶん、その学校の名前を言えば、誰でも知っているような有名校です。それが定員割れをしたんですって。わずかな人数の定員割れにすぎなかったそうなのですが、それでも定員割れが、その学校にとっては一大事だったそうです。

その話を聞いたとき、ふと思ったのです。もし、学校に多額の基金があって、それを運用することで、子供たちの授業料なども全部賄える学校があったらいいのにってね。

松本:その運用を子供たちがやるという発想が面白い。

三田:そう。ひとつのヒントからどんどん発想が湧いてくるわけです。学校は北海道にある、130年の歴史を持った中高一貫教育校にしよう。レベルは開成高校や灘高校くらい。本来、基金の運用は学校の経営側がみるものだけれども、それでは漫画として面白みがない。だから、中学校3学年、高校3学年で、各学年成績トップのメンバーで投資部を作り、そこが運用を行う。運用基金の額は3000億円で、基金はもともと学校の創設者がポンと出してくれた元金を、投資部員が130年間代々増やし続けてきたもの。それを6人の学生が年8%の利回りで運用する。ざっと年間240億円のキャッシュフローが得られるわけです。

松本:正直なところを言いますと、最初、この設定を知ったときは、「あ~、やはり漫画だな~」と思いました。でも、学校が資産運用をするという設定自体は、決して荒唐無稽な話ではありません。よくよく考えてみると、結構リアルな話です。

というのも、米国では「エンダウメント(endowment)」といって、個人や法人から寄付金を募って大学基金を設立し、その運用によって得られる収益によって、大学の基盤整備、研究活動の支援、学生のための厚生施設の整備などが、実際に行われています。

エンダウメントで有名な大学といえば、ハーバード大学やプリンストン大学、エール大学などが挙げられますが、いずれも非常に優秀な運用成績を収めています。たとえばハーバード大学のエンダウメントは、4兆円以上の資産総額を持ち、年間800億円程度の寄付金が入ってきているというのですから、キャッシュフローの面では日本の投資信託よりもはるかに有利です。

しかも、運用利回りも年10%超という優れものです。アイビーリーグと呼ばれる、米国東部の有名私立大学は、学費が非常に高いということもあって、多くの学生が奨学金制度を利用して勉強しているのですが、それが可能なのも、このエンダウメントの運用があるおかげです。

次ページ漫画の世界は数字がすべて
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT