【産業天気図・情報・通信業】携帯はキャリアが増益確保も代理店は大苦戦で曇り、グローバル企業参入で競争は熾烈に

予想天気
 08年10月~09年3月   09年4月~9月
 

携帯を中心とする通信業界でいうと2008年度後半は曇りだが局所的に大雨、09年度前半も曇りが続きそうだ。

今年度、携帯の新規販売台数は約2割減で推移、と厳しい。7月に米アップル社のアイフォーン3G発売でにわかに盛り上がりをみせたが、全体的には低調な状況だ。そのなかにあってNTTドコモ<9437>、KDDI<9433>、ソフトバンク<9984>の主要通信事業者は営業増益が見込まれるなど一見晴れの様相をみせるが、増益はほとんど営業費用削減によるものだ。一方、販売台数の落ち込みが収益を直撃している販売代理店業界は、合併などで基盤を拡大している一部企業を除き、局所的な大雨が続いている。
 
 NTTドコモは、割賦販売方式へのシフトにより代理店への支払い手数料が大きく削減しており、会社計画の営業益は上ブレ濃厚。ただ、来10年3月期にはその効果が一巡しそうなのが気掛かりだ。KDDIは新規販売で苦戦しているが、今年度から割賦販売導入したことから、やはり代理店への支払い手数料削減が寄与しそう。また、ソフトバンクも端末調達費や販促費の削減が進んでいるが、晩秋以降は2年割賦が終了する大量の顧客つなぎ留めが重要な課題となりそうだ。

これまで通信事業者とメーカーの二人三脚で作ってきた端末だが、世界的なPCメーカーが参入し、携帯向けOS(基本ソフト)もオープンプラットフォーム化が進むなど、業界はいろいろな局面で大きく変わりつつある。魅力ある端末、サービスを提供できるかどうかの競争が続く。

そのほか注目は通信業界のガリバーであるNTT<9432>だが、NGN(次世代ネットワーク)を商用化したものの、まだ本格寄与は先。固定ブロードバンドでは光回線に押されて市場が縮小しているADSL業界で、イー・アクセス<9427>がアッカ・ネットワークス<3764>を連結子会社化、生き残りに向けて事業効率化に着手している。
【高橋 志津子記者】

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。